目上の人間に認められるコツ

前話: 若輩者の挑戦
次話: 知らされた電話 〜 1人目との別れ

気合いだけだった。


先生のもとでチームメンバーとして

実践する事ができれば、それ以上の学びはない。


そう思っていた僕は迷わず、先生の募集に飛びついた。

勢いでメールを送り、すぐに面接の日が来た。


自宅から3km圏内にコンビニすらない

ド田舎から東京へ意気揚々と向かった。


しかし、そこでは意外な展開が待っていた。


実はチームメンバー募集は本当に緊急で

「今すぐに働ける人材」だけを募集していたのだ。


勢いが先行していた僕はそれに

一切気づいていなかった。


大学生である事が先生たちにわかり、

体良く断られたのだが、その事実に

この時の陶酔状態の僕は気づいていなかった。


「今すぐ働ける人材を探しているならそうなればいい」


手っ取り早く解決策を考えた私はちょうど

突入する大学4年の最後の夏休みを

利用する事をすぐに決断した。


都内の大学に通う友人に電話をかけ

1ヶ月間、居候をさせてもらう事を了承してもらった、


すぐに先生の事務所に連絡し、あろう事か

無料で良いので働かせてください!

と言いだしたそうだ(今では覚えていないが)


相手に断る理由もなかったのか、気合いと

情熱が認められたのか、結局、僕は夏休みの間

働かせてもらえる事になった。


法律上、タダ働きはできないので

給料までもらってしまった。


特に才能があるわけでもなく、

勢いが先行している若造だ。


それでも当時の僕には新鮮で毎日が

新しい学びの宝庫だった。

友人の家に居候したのも良い思い出だ。


大学時代、劣等生を貫いてきた僕にとって

大学生活で一番充実していた時期かもしれない。


そんな時にあの電話がきたんだ。。。

続きのストーリーはこちら!

知らされた電話 〜 1人目との別れ

著者の高田 雅俊さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。