【 初心忘るべからず 】

といいますが、初心において何が一番重要であるかは、畏敬の念、すなわちリスペクトの心。そんな気が最近してます。

具体的な技術は成長していっても、“心”は基本成長することと同時に初めにあった素直・純粋・率直な心は失いたくない。

しかし、成長する過程で同時に生まれてくる慢心により失うのは謙虚さとかの姿勢以前に、“素直に驚く心”を失っていく。

初心というものは、驚く心すなわち感動をする心とさすと最近思いました。

感動を素直にする。それは初心の中でもとても今のぼくにとっては重要な心です。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。