脳脊髄液ろう漏症という奇病体験記☆①


とりあえず病気になった時の為に私の経験を通してしてこのストーリーを読んでもらいたい!

難病になったおかげで親からは見放され、一人暮らしを余儀なく送ることになり、

マンションに越してきた。

病気以上に鏡に映った自分にビックリした(涙)

「ジョ○・レノン?それとも私?」

頭の中でノルウェイの森の主題歌が流れる。

近眼の私だが 鏡に近づくとそこには小さく”yes"と書かれていた。

(ジョンレノンすいません)

眉毛とかめちゃつながってるし、口ひげなんてキモいどころじゃない。

病気してる最中はジャージが制服みたいなもんだったし、自分の顔を拝む余裕すらなかった

からしょうがないんだけど、鏡に映った自分を見てビックリしたのは初体験だったわ。

「めちゃヤバい〜」とかいいながら半泣きするジョンレノン似の私。

昔、介護をしている知人が「年取ると男の人か女の人かわかんないんだよね」

とか言ってたけど、こういう意味ね☆

まあ、今の若い子なんて脱毛おわらしちゃっていると思うけど、顔脱毛って重要だよ?

ガチでw 

つづく


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。