脱サラをして30歳で製造業からゲーム業界に進んだ話~はじまり~

後編: 脱サラをして30歳で製造業からゲーム業界に進んだ話〜ターニングポイント・1〜


この話は自分の経歴が面白いといってくださった方が多くいたため、一度まとめてみようと思った次第です。

これから新しい人生をスタートさせる人にとって、励みにでもなればと思います。


さて、みなさんは自分の人生に可能性を感じたことはありますか?

おそらく、あんまりないと思いますしある人はこのストーリーを見ていないような気がします(失礼)


自分に可能性と自身があったかと思えば、正直”ギリギリだった”というのが今から二年ほどまえの自分でした。

退職をして関東に引っ越したのが2月末でしたので、こうして無事に就職が決まりつつも何か色々とやってみようと思っているのが不思議なくらいです。


2年前は愛知県の豊橋市に住んでおり、そこで生まれ育ち一部上場の製造業を営む会社に勤務していました。

高校からの推薦で一発合格したため、正直就活で困るという経験とは無縁でした。


なんで、そんなある意味順調だった自分が転職を決めたのかといいますと、30近くになって周囲に多くの変化があったことが理由の一つです。

同級生や後輩の多くが結婚していくことで、自分も結婚とかを考える頃かなと思ったのがひとつのきっかけです。


しかし、そこで考えたのです。

自分
今のままで結婚して、生活したらもう何も出来ないのではないか?
自分
結婚する相手もだけれど、生活を考えることがいまいちできない
自分
今の仕事の状況で結婚しても幸せになるのだろうか?


など、振り返って考えても「結婚したいな」と思うよりも「結婚するまでに何かしたい」と思う事のほうが多かったのです。

それを実行するチャンスが29歳の10月に訪れました・・・・・・。

続きのストーリーはこちら!

脱サラをして30歳で製造業からゲーム業界に進んだ話〜ターニングポイント・1〜

みんなの読んで良かった!