Bride of Japan 2014 グランプリ 黒部菜々佳 コンテスト当日

1 / 2 ページ

京都ビューティキャンプやウォーキングレッスンを経て、去年のBride of the World日本代表の清水夏子さんやMiss International日本代表の金ヶ江悦子さんに温かくサポートして頂きながら、いよいよ日本大会。 



事前のフィッティングでどんな衣装を着るか分かってはいても、当日となるとなんだかそわそわ。 




どんな結果であれ楽しもう。


そして後悔しないように、満足のいくスピーチを考え、練習しました。




あの時あれを言えていれば…というのだけは嫌だったので、ひたすら鏡の前で何度も繰り返し。




自分の伝えたいことは前から変わらない。




日本の伝統文化や現代の文化の良いところを国境を超えた多くの方に知って頂きたいこと


家族に感謝し、その在り方をより良くしていきたいこと




そして


日本の平和の精神が、世界では稀な素晴らしいものであること。




それを分かりやすくゆっくり何度も練習しました。




六本木のミッドタウンという普段行かないお洒落な場所へ、高鳴る胸を落ち着かせながら向かうと、


会場は吹き抜けのイベントスペースで、2.3階のお客さんも手すりから見下ろせるような場所でした。




緊張しつつ、綺麗に飾られた花道の前でファイナリストのみんなと久しぶりの再会。




今日はお互い頑張ろうね!


励まし合っていよいよ本番が始まりました。





打掛、ウェディングドレス、友禅ドレスそれぞれうまく着替えられるだろうかと不安を抱えていましたが、そんな心配は衣装の着替えを手伝って下さるスタッフの皆さまにお会いして吹っ飛びました。優しく温かい方々に支えられ本当に心強かったです。




今日は細かいことは気にせず、精一杯伝えよう!




躓かず無事に歩けたことを喜ぶのもつかの間、審査員の方からの質疑応答へ。


質問内容は当日も一切教えて頂けなかったので、ザ・ぶつけ本番でした。




わたしが質問される順番になると、審査員のフランス人の方が口火を切りました。




あなたの理想とする母親は誰ですか?




…日本語ペラペラでした。笑




少し学んだフランス語を披露出来なかった寂しさと、まぁそれで転けるより良いかという安堵が胸の中でせめぎ合ったのは秘密です。




わたしはその質問に、わたしの母のことを例に出して答えました。


目の前で観客として来ている母のことを褒め称えるのはものすごく恥ずかしかったのですが、本当に尊敬していると言葉も意外と出てくるものです。







わたしの理想は母です。


父が未だに母のことを心から愛しているのは、母が魅力的な女性だからでしょうし、わたしもそう思います。


わたしも時間が経っても大切に愛される存在になれればと願っています。




以上のようなことを申し上げたと思います。


緊張していたので正確には覚えていませんが。笑




そして着替えを経てスピーチ。


2.3階のお客さまも意識をして見上げたり、なるべく多くの方を見るように心掛けました。


ウォーキングをして帰るときも、最後まで客席に視線を残すようにしていました。


色々なことが上手く出来ないからこそ、少しでも細かいところに気を遣ってカバーするために。




著者のBride of the World Japanさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。