Bride of Japan 2014 グランプリ 黒部菜々佳 コンテスト当日

2 / 2 ページ

長いスピーチの練習の成果も少しは出せたような気がしました。




そしてトップ3の発表…




ひたすらドキドキしながら発表を待ちました。




3位、2位と他の方が呼ばれ、拍手を送りながら




もちろんトップに選ばれたいけれど、


もし叶わなくてももうこれで後悔はない。


精一杯楽しんで頑張ることが出来たなぁ。




と考えていたとき




1位は、、、4番!黒部さん!




初めは自分のことだと分からずに、


頭の中で司会の方の言葉がぐるぐるしていました。




おめでとう黒部さん…ん?わたし?


4番って、わたし?




一番になったことのなかったわたしの


初めての一番でした。


気付いたら泣いていました。




ただただ驚きと感謝しかありませんでした。


支えてくれた両親と友人とスタッフさんと、そして共に切磋琢磨したファイナリスト全員へ。




衣装を脱いでからも現実味がありませんでしたが、


心優しい沢山の方から「おめでとう」を頂いて、


スタッフさんの中には「貴方だと思っていたわよ」なんて泣ける言葉をかけて下さる方までいらして


だんだんと喜びに変わってきました。





なんて素晴らしい経験をさせて頂けたことか。


今でも思い出すと込み上げてくるものがあります。


いつも応援して下さる多くの方に心から感謝申し上げます。




そしてファイナリストの皆にはそれぞれ想いがあったはずです。


皆が同じ1位を目指していた。


そのことを忘れずに、皆の熱い想いを胸に、世界大会へ飛び立つことを決意したわけであります…






続く

著者のBride of the World Japanさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。