英語話せない!海外行ったことない!お金ない!田舎のグラフィックデザイナーが一人でニューヨークに行き、人生が変わりかけている話。【前編】

1 / 6 ページ

後編: 英語話せない!海外行ったことない!お金ない!田舎のグラフィックデザイナーが一人でニューヨークに行き、人生が変わりかけている話。【後編】

ニューヨーク旅行の写真↑10ドルパクられました。



SEX AND THE CITYのキャリーみたいになりたい。


というのが、ニューヨークに興味を持った最初のきっかけだった。



ハイブランドの衣装に身を包み、タバコをふかしながら
ニューヨークで起こる男女の情事について記事を書く
フリーランスのライター キャリーに、
田舎者の私は憧れをもつようになった。







その頃私は徳島県の短大でデザインの勉強をしていた。
実家は収入が不安定なフリーランスのプログラマーである父、
専業主婦の母、12歳年の離れた妹がいたため、







「ニューヨークに留学へ行きたい」






とは言えず、






将来フリーランスのデザイナーになるために
ニューヨークで勉強したいな~なんていう夢だけが膨らんだ。




と、言っても
高校時代の英語教科の成績は極めて壊滅的。
センター試験の模試で30点という
ある意味驚異的な点数を叩きだしたこともある。




当然、うちは貧乏なので、海外旅行なんて行ったこともなく
行った日には変な外国人に麻薬を売りつけられたり、
アメリカに行こうとして間違えてアフリカに行ったりしないかなんて

変な恐怖を抱いて・・・・・・・・、

みんなの読んで良かった!