英語話せない!海外行ったことない!お金ない!田舎のグラフィックデザイナーが一人でニューヨークに行き、人生が変わりかけている話。【後編】

1 / 9 ページ

前編: 英語話せない!海外行ったことない!お金ない!田舎のグラフィックデザイナーが一人でニューヨークに行き、人生が変わりかけている話。【前編】

前回のあらすじ

SEX AND THE CITYの主人公、キャリーブラッドショーに憧れニューヨークに興味をもつ。

海外で勉強したいなと思うも、お金もないし、英語も話せないので断念。普通に社会人生活を送る。

そんなときMaksimさんというニューヨーク在住のWEBデザイナーにツイッターでフォローされたことをきっかけに、心境に変化がおきニューヨークへ渡ることになる。




2014年12月27日



さて、いよいよニューヨークに行く前日。


私は千葉県に住む叔母家族の家に世話になっていた。


私の住む愛媛県から離れていることもあり
叔母家族とは10年程会えていなかったので
久しぶりに会いたいと思い、立ち寄ったのだ。



いとこの兄ちゃんは、東京でフリーのペインター兼デザイナーをしている。
同業者ということもあり、幼い頃にはありえなかった程深い話をした。



叔母家族は、転勤で千葉に行くまで愛媛に住んでいた。



兄ちゃんは10年間愛媛で過ごし、
愛媛の良さを知っている。


今、東京の神保町と愛媛の架け橋になりたいと活動しているようだ。






青のり
神保町ってどんなところなん?なんで愛媛と繋がりをもちたいの?
いとこの兄ちゃん
都会ってさ、隣に住んでる人が誰か分からないくらいご近所のコミュニケーションってのがないんだよ。
青のり
愛媛じゃ有りえんな~
いとこの兄ちゃん
そうだろ?神保町は愛媛みたいな田舎と似ているところがあって、人と人の繋がりがある場所なんだよね。
青のり
なるほど
いとこの兄ちゃん
田舎の良さって、人があったかくて繋がってるところだろ?
だから地元である愛媛の為に、神保町の繋がりを使って何かできないかと思ってね

いとこの兄ちゃんが、愛媛を離れてもう10年以上経つのに、
愛媛の事を忘れないでいてくれていることに感動した。










そうか、大事なのは人との繋がりか。




みんなの読んで良かった!