人生の大先輩から学んだこと

1 / 2 ページ

まだ高校生で人生経験の少ない私に
かけることがあるかな?・・・
そう思ってたおとといの出来事です。
私は札幌駅前の書店で英語の本を見ていました。
地元の本屋さんでいつもと同じ買い物。
なんらいつもと変わりません。
しかしこの後に起こる出来事が、
私に深く感銘を与えました。
あるおじいさん、60くらいでしょうか白髪交じりの
短髪の方でした。
その方は私に
「英語の文を訳していただけませんか」
と丁寧にお願いしてこられました。
ちょうど私は前日にテストが終わっていて、
時間が余るほどあったので、お受けすることにしました。
おじいさんにつれられて本屋さんの隅のテーブルに来ました。
おじいさんはポケットから二枚の紙を出しました。
A4の紙にどこかの大学の長文問題の文らしきものが
コピーされていました。
しかし使い込まれているようでしわくちゃです。
私はその紙の一枚を受け取り、さっそくおじいさんに
一文一文訳して差し上げました。
私は英語を使う仕事を目指していますが、
お世辞にも優秀な成績を修めているわけでは
ありません。
そのため、文法は大丈夫でしたがわからない単語等は
恥ずかしながらおじいさんに尋ねながらやりました。
おじいさんは非常に熱心に私の話をお聞きになっていました。
私の説明で少しでも疑問をもたれたら、
すぐに質問して下さいました。
そして最後の行もついに終わり、
書かれていた英文すべてを訳し終えると、
おじいさんは私の顔をみておっしゃいました。
「ありがとうございました」と。
その時のおじいさんのお顔は決して忘れられません。
すごく嬉しそうなお顔で、ほっぺたがちぎれそう。
私はここまで喜んでいただけると思わず、
すごく驚いてしまい、深々と礼をする事しか

みんなの読んで良かった!