〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜【第一話】『うつ病になった日…』

1 / 6 ページ

後編: 【第二話】『最初の宝物』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜



はじめに…


このストーリーは、100%実話です。

適応障害、休職、婚約破棄を経て、うつ病に…

そして、自分の限界を、自分の本当の気持ちを探しに

神奈川県から、新潟県の日本海までの一人歩き旅のお話です。

この旅で僕は、「本当の自分」を見付けることが出来ました。

「ありのままの自分」を受け入れることが出来ました。

これが出来るようになった途端に、うつ病は劇的に改善しました。

それどころか、今が一番幸せだと思えるようになりました。

うつ病を発症して約2年が経った今、

出逢ったすべての人、すべての出来事に感謝を込めて、

このストーリーを残します。

そして、このストーリーを通じて出逢う人に心から感謝します。

2015年5月28日 坂内 秀洋





うつ病になった日…



「なんでうつ病になっちゃったの…?」




それは2013年8月25日…


今でも鮮明に覚えている。


帰宅した彼女の明らかにおかしな態度に、



「どうした?」
「ちょっと話そうか」



と、イスに腰を掛けた。

IKEAで買ったお気に入りのナチュラルテイストなテーブルを挟み、

改めて彼女の顔を見た。



「やはり様子がおかしい…」


只事では無いと、

僕は彼女に聞いてみた。



「何があったの?」
彼女
「何でもない…」



彼女は言う。


幸いにも誰かに何かをされた訳ではないようだった。


しかし、うつむき、目を合わせようとしない彼女を見て、



「いや、明らかにおかしいよ」

「何かあったなら言ってよ?」

「僕、何かした?」



こんなやり取りを何度か繰り返し、

彼女は重い口を開いた。



これから生死を脅かす、地獄の日々が待っているとも知らずに…。



彼女との出逢い…


少し遡り、5月のこと。

僕は、婚約していた彼女と念願の同棲生活を始めた。


僕はこの同棲で、初めて実家から出たため、

自分たちで物件を探し、

自分の好きな家具や家電を揃え、

好きな人と一緒に暮らす。

全てが新鮮で、

達成感や夢や希望に満ち溢れ、幸せいっぱいだった。


9月に結婚式を控えていた僕らは、そのままスムーズに幸せ街道まっしぐらだった。


そんな彼女との出逢いは3年前、

当時フリーターだった僕は、夏季限定の短期のバイトで彼女に出逢った。


彼女は僕の5個上だったが、年下と思えるくらい、

ほわわーんとしたとても柔らかい印象で、小柄で可愛らしい女の子だった。


「この人と結婚するな」


嘘みたいな話だけど、

初めて話した時に、そう思った。


ビビビッてやつです!笑


その時彼女には8年間付き合ってる彼氏がいた。


なので、


「あの子には彼氏がいる」

「あの子には彼氏がいる」

「あの子には彼氏がいる」


と自分に言い聞かせ、


「好きになっちゃだめだ!」

「好きになっちゃだめだ!」

「好きになっちゃだめだ!」


と、理性で気持ちを押し殺していた。


ですが、なんやかんやあって、彼女は彼氏と別れ、僕の彼女になった。

(そうなるまでに、ドラマチックな出来事があったのですが、

恥ずかしいので、割愛します。笑)



8年間付き合った元彼の存在に物凄いコンプレックスを持っていた僕は、

みんなの読んで良かった!

他1コメント
STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。