【第二話】『最初の宝物』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜

1 / 5 ページ

前話: 〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜【第一話】『うつ病になった日…』
次話: 【第三話】『さよなら…』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜


僕が失ったモノ…


2013年8月26日。


最愛の彼女と別れることになった。


悪い夢を見ているようだった。


彼女のために、

就職をし、

会社でトップの成績を残し、

プロポーズをし、

同棲をした。


その結果が、

適応障害になり、

会社を休職し、

彼女に別れを告げられ、

そして、うつ病になった。


今まで自分が良かれと思って一生懸命やってきたことが、最悪の結果になった。


僕は申し訳ない気持ちでいっぱいだった。


この時彼女は、30歳になっていた。


ものすごく結婚したがってたのを知っている。


僕は、そんな彼女の夢を自分が叶えられることが嬉しかった。


しかし僕は、夢を叶えるどころか、

奪い取り、深く深く傷付けてしまった。



僕は、20代というのは、とても大切なかけがえのない時間だと思っている。

25歳から30歳は特に、人生を左右する最も大切な時間だ。


彼女は、やっと幸せになれると思っていただろう。

結婚をし、夢を叶え、親孝行をし、幸せを掴めると思っていただろう。



そんな思いを、僕は踏みにじってしまった。

3年という長い年月をかけて、踏みにじってしまったのだ。



そんな彼女に僕が、最後に言えた言葉は、


「幸せになって下さい。」


だった。


何とも無責任な言葉だろう。


でも、今の僕が彼女を幸せに出来る最後の言葉だった。


僕という苦しみから、彼女を解放させてあげるのが、

僕が彼女に出来る最後の愛情表現だった。



僕は、自分自身を恨んだ。

今の自分。

今までの自分。

自分の選択。

自分の行動。

自分の非力さ。

自分の無責任さ。

自分の存在を恨んだ。



本当は、誰よりも幸せにしてあげたいのに、

実際は、誰よりも傷付けてしまった。



僕は、人を不幸にする。


僕が、選択をすること、決断をすること、行動をすることは、人を不幸にする。


「僕には、誰も幸せにすることが出来ないんだ…。」




僕は、彼女と向き合うことから逃げ出したんだ。

自分自身から逃げ出したんだ。




仕事を休職した時も、僕は逃げたしたんだ。

仕事から、お客さんから、上司から、先輩から、後輩から。

言いたいことだけ言って、実際は何も解決させずに、逃げ出したんだ。


思い返せば、今までずっとそうだった。


子どもの頃の習い事も、部活も、趣味も、勉強も、仕事も、

嫌になったら辞め、何も長続きしない。


そのおかげでたくさんの経験が出来たのは事実だが、

僕には、何一つやり遂げたことがなかった。


新しい選択肢を見付けては逃げ、

また逃げ、逃げて、逃げて、

逃げ続けてきた人生だった。



「僕は、これまでの26年間、何をしてきたんだ?」

「一体、何を得たんだ?」

「今、何が出来るんだ?」


僕には思い付かなかった。


いや、答えは出ていた。



「僕には、何も出来ない…」



最愛の人を失い、

仕事の出来ない身体になり、

収入は無くなり、

夢や希望、気力、

著者の坂内 秀洋さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。