第5回 富士山より高い場所にある、中国のラルンガルゴンパに行ってみた。

次話: 第6回 富士山より高い場所にある、中国のラルンガルゴンパに行ってみた。

起きれなかった。

いや、逃げたのだ。

不確定要素が多くて、純粋に恐かった。


以前の自分であれば必要以上に自己否定してしまっていただろう。

成長したと言えば良いのだろうか。

とにかく今は逃げてしまった事実だけを受け止めて、

必要以上には自己否定しないように思考をコントロールしている自分がいた。

再びバスターミナルへ行きチケットを購入した。


次の日、再度出発の朝。

目覚まし時計がなる。

行くか行かないか、生きるか死ぬか、大げさかもしれないが真剣にベットの中で自問自答した。

行ってくると宣言したからには行かないなんてダサすぎる、

行動力、柔軟性という強みをさらに伸ばす方法はこれだろ、

自分のイメージで恐さが膨らんでるだけだろ。。

そんなことを自分自身に言い聞かせ、なんとか起きて出発した。

タクシーに乗り込んだ。

まだ外は暗い。


合計873ストーリー! カタリエ へのご投稿、

ありがとうございました!

続きのストーリーはこちら!

第6回 富士山より高い場所にある、中国のラルンガルゴンパに行ってみた。

著者の亀貝 康明さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。