【第六話】『旅支度』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜

4 / 5 ページ

前話: 【第五話】『限界を探しに…』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜
次話: 【第七話】『そして、旅に出る』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜




それから僕は、旅に必要なものを揃えた。


まずはシューズ。


「歩くなら、絶対にニューバランス!」


そうネットに書いてあった。


アウトレットモールに行き、靴を探した。



僕はカタチから入るタイプだ。



カッコいい靴を見付けた。


「軽いし、歩きやすそうだし、そんなに高くないし、これで良いじゃん!」


と思った。


しかし、靴は歩く上で最も重要なアイテムだ。

陸上をやっていた僕は、靴の大切さをよく知っている。


知らないことは、知っている人に聞くのが一番早い。



「日本海まで歩くんですけど、どんな靴がいいですか?」



ここの店員さんは、親切に教えてくれた。



「長い距離を歩くなら、絶対に靴底が平らで繋がっているものがいいです!」


「ソールも柔らか過ぎちゃダメ。適度に硬いくらいが一番いいです。」


「日本海まで歩くなら、この靴ですね!」



一足の靴を勧められた。




「ダ、ダサい…。」



口には出さなかったが、

100%僕の好みではなかった…。


カタチから入る僕にとって、機能も大切だが、やっぱりカッコいい方がいい。


しかも、高い!


ダサいものに、お金を払うのは、物凄い抵抗がある。


ハッキリ言って、嫌だ!




「ちなみにこの靴じゃダメですか?」



気に入った、さっきのカッコいい靴を指差す。



「絶対にダメです!絶対に!」


「この靴は長く歩くようなものではありません。」


「言ってしまえば、お遊び用です。」


「歩けて10㎞くらいですよ。」


「それでもこっちが良いと思うなら、やってみたら良いと思いますが。」


「絶対に後悔しますよ。」



100%、いや、300%くらい否定された…。



「ま、まじか…。」



僕は迷った。



デザインを取るか…


機能を取るか…


安いのを選ぶか…


高いのを選ぶか…


カッコいいのを選ぶか…


ダサいのを選ぶか…



その場では決められなかったため、店員さんにお礼を言い、店を後にした。






僕は結局、ダサいのにした。


カッコを気にせず、万全の体制で、全力で挑みたかった。


ネットで、一番安いお店を探した。

ダサいのを買うからには、せめて少しでも安いのを…

そこだけは譲れなかった。


こうして、僕は歩き旅で一番大切な相棒を手に入れた。


著者の坂内 秀洋さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。