成績オール1の落ちこぼれが、たった3ヶ月で英語をネイティブのように話せるようになった物語 完結編

1 / 4 ページ

前編: 成績オール1の落ちこぼれが、たった3ヶ月で英語を話せるようになるまでの物語 第3話

嘘のような本当の話。何も学ばなかったのかよ。高校でも実質、男子の友達ゼロ、総スカンで海外1ヶ月シアトル研修が僕を変えた。


高校でも僕はやらかしていた笑



なんとか必死で受かった高校でも人とはコミュニケーションはうまくいかなかった。


高校二年の春からだった。僕はいつもと違う雰囲気を感じた。僕のクラスは授業中でもへーきでバカ騒ぎするようなクラス。最初は楽しかったのだが、だんだん本当にバカに思えて注意し始めたのがきっかけだった。


まあ、ご想像のとおり、急に僕が変わり始めれば、何だあいつ ウザくね。



仲間意識で固まるのが男子笑



意外かもしれないが、僕は女子よりネチネチしててめんどくさいと思う苦笑



そんなわけで、海外研修のある、高校二年の10月、僕は一番友達がいなきゃ楽しくないこの時期、男子の友達は実質0人だった。



海外研修には、英語が好きだったので行って見たい反面、正直仲間のいない旅など楽しくない。行きたくない。1人になるしと思っていたら余計辛くて、悲しみが先行して涙した。



けれど、行くしかない。覚悟を決めて行き、僕は英語を話さなきゃいけない環境に追い込まれた。



なぜなら、僕から無理やりにでも英語を話しかけない限り、僕は友達ゼロの留学生活を送ることになるからだ。


それはもう必死だった。とにもかくにも、間違っていようが、なんだろうが話しかけた。



そしたら、なぜかシアトルでは人気者に慣れた。一番アメリカ人っぽいと言われ、照れた笑



そんな中も男子のネチネチは続いた。



午前中は英語の授業、午後は団体行動だったのだが、団体行動ほど大っ嫌いな行動はなかった。



バスの中では、あいつなんで外国人の友達いんの。きっも。と罵られ、隣に座られるのは嫌がられもう最悪だった。


みんなの読んで良かった!