軍艦島へ、観光地化される前に上陸した話 第一回

1 / 2 ページ

後編: 軍艦島へ、観光地化される前に上陸した話 第二回

廃墟の荒廃振りによるアートな美しさに魅せられて

2004年位から、各地の廃墟巡りをしていました。


軍艦島に上陸して、不法侵入の刑事時効である3年を過ぎ

尚且つ、軍艦島の有る長崎市も

特に民事的倍賞を問わないとのことなので

今、ここにその時の旅を記そうと思います。




当時は、まだ廃墟探索するには

ネット上に流れる情報も少なく

自らが見つけて開拓する時代でした。


物件の所在地は、いろいろとご迷惑がかかるだろうと

ボカされているのがマナーで

数少ない情報を頼りに物件を見つけに行ったり

独自に巡って、探し当てたりと

まさに、探検家の様に一山越えたり、森のなかを数時間かけて歩いたり

現代にはなかなか味わえない好奇心と感覚で

毎週のように、美しい物件を求めて各地を巡っていました。


今でこそ、ヴィレッジバンガード等で廃墟本等売られて

徐々に認知されてきているサブカルではあるものの

あのころは、一般人から数奇な目で見られる様な趣味でした。



そんな中でも、当時から軍艦島は廃墟巡りの聖地として君臨しており

前人未到とは言わないが、そう簡単に上陸できない空気と

上陸方法はタブー視され、上陸方法について調べたところで

誰も教えてくれることはなかった。

以前から噂があったものの

2007年、廃墟巡り界に激震が走るニュースが知れ渡ったのです!

2008年に軍艦島が観光地化され、誰でも上陸できると


しかし、遊歩道のある範囲しか見て廻れなくなるとの条件付き。

どれだけ憧れている軍艦島であろうと、こんな切ないことはない。


簡単には行けなかったからこそ

みんなの読んで良かった!