助けてくださいと言われました

よく言っていただくフレーズなんですが
私のことを信頼していただき嬉しいことです
ぜひこのご縁を大切に力になりたいのはやまやまなんですが・・・

え?

最初に言っておきます・・・・


私はあなたを助けるために
いろいろなきっかけになること
いろいろあなたから感じたものをお伝えすることはできますが
結局自分を最終的に助けてくれるのは自分なんですよ
だから私が助けるわけではありません


こういうこと言うと

先生は逃げている

なんて言われてしまいそうですが・・・
別に逃げているわけでもなく
むしろあなたと向き合っています


あなたの周りに多くないですか


世の中どこか依存的なひと
病院?薬?もの?ひと?なにかにすがっているひと

だってさみしいもん

確かにさみしい気持ちもわかります

でも・・・でも・・・


でも結局あなたを最終的に助けれる人はあなた自身です

どんな時代になろうとやはり最後はあなた自身ですよ
だってあなた自身のことを大切にできる人は
結局あなた自身なんですから・・・



合計873ストーリー! カタリエ へのご投稿、

ありがとうございました!

著者の鈴木 秀彰さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。