【第14話】『人の望みか、自分の意志か。』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜

1 / 7 ページ

前話: 【第13話】『神様がくれたもの』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜
次話: 【第15話】『ハッピーエンドを探して』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜



7日目…


昨日の到着が遅く、今日はゆっくり目のスタート。


昨日買った足のサポーターを装着した。


テーピングの時間の短縮はもちろんのこと、しっかりとホールドしてくれている。


いい感じだ!



フロントへ行き、チェックアウトをする。



おばちゃんともお別れだ。



僕「サンマの炊き込みご飯、めちゃめちゃ美味しかったです!」


おばちゃん「あれでお腹足りた?」



おばちゃんとしばらく話した後、おばちゃんは最後にこう言った。



「あなたなら大丈夫!」


「神様は全てを見てくれているの。」


「困った時はちゃんと助けてくれるのよ。」



そして、一つのビニール袋を僕に手渡した。



そこには、アルミホイルに包まれたおにぎりが2つと、みかんが一つ入っていた。


どちらも特大の。



「いいんですか?」



昨日のサンマの炊き込みご飯も頂いてしまっているのに、朝ご飯まで頂いてしまうとは…。


改めて言うが、僕は素泊まりプランで宿泊をしている。


お金も払っていないのに、


正直、気が引ける…。



しかし、ご飯を頂けるのは物凄くありがたい。



僕は、おばちゃんの素晴らしい好意に甘えることにした。



「ありがとうごさいます!」


「本当に助かります!」




精一杯の感謝を伝えた。




僕の気が引けたのは、借りを作りたくなかったからだ。


自分の価値以上のことをされると、申し訳ない気持ちになる。


僕は、素泊まり以外のお金は払っていない。


なのにも関わらず、昨晩と今朝のご飯を頂いてしまった。


確実に、

あげた価値 < もらった価値

だ。


もらった価値は、返さなければならない。


だから受け取ることに気が引けた。


でも、今の僕には返せるだけの価値を持っていない。


お金も無ければ、働いて返す時間も無い。


そして、思った。


おばちゃんが僕に言ってくれた、


「あなたなら大丈夫!」


これを証明しようと。



僕は、うつ病に打ち勝ち、元気になって、

またここに戻って来ようと決めた。



あの時、おばちゃんが僕に


「あなたなら大丈夫!」


って言ってくれたおかげで、


「僕は元気になりました!」


って伝えに来よう。


そう決めた。


僕があげられる価値は「これだ!」と思った。


時間はかかるかもしれないが、僕に出来る一番の恩返しだと思った。


合計873ストーリー! カタリエ へのご投稿、

ありがとうございました!

著者の坂内 秀洋さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。