【第13話】『神様がくれたもの』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜

1 / 10 ページ

前話: 【第12話】『答えを出さなきゃ…』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜
次話: 【第14話】『人の望みか、自分の意志か。』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜



6日目…




いや、もはや何日目か分からん。


時刻は9:47分。


今日は遅めのスタートになってしまった。


さすがに身体の疲労が取れない。


何より、右足。


一晩寝ただけではもう治らないほど、傷めつけられていた。





入念にテーピングを巻いた。



テーピングをするだけで、結構な時間を喰う。



しかし、テーピングをするだけで一気に足は軽くなった。


テーピングを侮ってはいけない。



準備は整った。


「今日も限界に挑もう!」





今日のルートは、茅野市から諏訪湖を左回りで迂回し、

中山道を通り、国道19号線に出る。


諏訪湖を右回りするルートもあったが、

当初予定していた日数より丸一日遅れていたため、最短距離を行くことにした。


前へ進めば進むほど、必ず何か待っている、何かが変わると思った。



「ただ前へ。」



これが今、僕がしなければならないこと。


今の僕が唯一出来ること。


そして、僕が出来る最大のことだった。








茅野市を抜け、諏訪市に入る。


平坦な住宅街の道だが、歩道が狭い。


車が結構通るというのに、狭い。


今までほとんどが田舎道のだだっ広い道を歩いていたため、ものすごく窮屈に感じた。


ただでさえ大きな荷物を担いで歩くため、すれ違う歩行者にも迷惑がかかる。


僕は、一本逸れた畑の横の道を行くことにした。



しまった…。



こっちの方が歩道が狭い。


狭いというか、ほぼ無い。





でも、いい景色だ。


これだけで幸せだ。



しばらく歩くと、諏訪湖に着いた。





デカイな!


天気はあいにく曇りで、特別美しい訳ではなかったが、


デカかった。


地図を見てもそこに湖があると分かるような大きさは、

今まで見て来た景色と一味違った。



「ついにあの諏訪湖まで来たのか。」



この場所は、日本海までのただの通過点にしか過ぎないが、

一つのゴールをしたような気がした。



著者の坂内 秀洋さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。