母に抱く殺意 第3章

1 / 2 ページ

前編: 母に抱く殺意 第2章
後編: 母に抱く殺意 第4章

財布のやりとりから、母への不信感は募るばかり。病院で必要なオムツなどの消耗品や洗濯物も、私が届けることが増えていった

姉は、子育てを理由に忙しいと言って、見舞いもあまり来ていなかった。電話をかけても子供のいないあなたは暇でしょ、と言わんばかりの態度だった

私は、自営業の夫の仕事を手伝い、深夜までや徹夜の仕事になることも多々あった

時間的融通が利いたことは不幸中の幸いだったかもしれない

ある日、いつものように父の見舞いに行くと、珍しく同じ病室の入院している方の奥様が、話しかけてくれた

「入院しているのは、お父さん?」

「はい。心室細動で倒れて、低酸素脳症に…」

「うちも、脳症だよ。もう10年近くこの状態。いつもは、自宅で介護しているけど、肺炎おこしちゃって、入院になっちゃったの。」

「10年ですか…!そんなに長く生きれるんですね」

希望が見えるような気がした

「でも、人それぞれだよ。すぐに亡くなる人もいるしね…この状態では、本人にとって長く生きることが良いことなのかも、ね~」

鼻からチューブで入れて、栄養補給。痰を取る作業は、意識がない状態でもつらそうに見えた

確かに、生きていることには変わりないけど、この状態で生き続けることが父にとって幸せなのか…?

でも、父に触れると暖かく、反応があるだけでも、やはり嬉しかった

「耳って、聞こえているんですか?」

「多分、聞こえているよ。だから、たくさん話しかけてあげたらいいよ。音楽を聞かせたり、手足をマッサージしたりするのもきっと喜ぶよ」

奥様は、そういって温水で濡らしたタオルでご主人の顔や手を拭き始めた

「寝たきりになってから、まだ日が経ってなくて、どういうことならしても良いのかもわからなくて…」

「最初はおっかなびっくりだろうけど、大抵のことは、大丈夫よ」

寝たきりのご主人が、暖かいタオルで拭いてもらって、何だか反応が多くなった気がした

その日の夕方、私は実家に立ち寄った 

あの財布のやりとりから実家に近寄らずにいたが、父の脳の刺激になればと、父がいつも聞いていたクラシックやジャズのCDを探すためだった

父の好きなバンドのCDを10枚ほど書斎の引出しや車の中から出して車に載せた

母は、私の姿を見つけると、

「あんた、父さんの通帳とカード知らない?」

「知るわけないじゃん!」

「お金、下ろせなくて困ってるのよ」

そんなことを、姉が電話で言っていたことを思い出した

「母が父の預金を下ろせずに困っているから実家に行ってやって」と。

実家なら、姉の家からの方が近いのに。

深夜2時すぎまでの仕事で疲れていたけれど、父の物がある場所を探し始めた…

父は、大切なものは持ち歩いているはず。

閃いて、車のダッシュボードを探したら、通帳と印鑑が見つかった

覗き込むように見ていた母が、驚いていた

無言のまま母に渡した。

「ありがとう!これで助かったわ」

元々、母に対しての信頼などなかったのだけど、母に対する不信感は、積もり積もっていくばかりだった

その日を境に、母がいない留守中に、父に関する書類を探し、コピーを取るようになった

この行動が、後々、役に立つとは……



私と実母とは、仲が悪かった

小学生の時点で、母に好かれていないことがわかっていた

みんなの読んで良かった!