その日は突然やってくる。〜日本と外国の間で生きるという意味〜 受験息子編

1 / 5 ページ

私は日本人なのだろうか?


そう思いたくなるような海外から見た日本の大学入試制度。

日本人であることを証明をさせられているような気分にさせられます。


まずは簡単な家族の紹介から


私たちは、2度のヨーロッパ赴任で8年の駐在経験があります。

息子は1歳半、娘は0歳で最初の赴任。

フランス語圏にいましたので、ギャルドリー、幼稚園ともにフランス語の生活を

3年間しました。


ギャルドリーとは、託児所のようなもので、一時的に預かってくれるところ。

共働きが前提のヨーロッパでは、ギャルドリーが街中にたくさんあり、

子供を社会で助け合いながら育てる風土があります。

ギャルドリーは、専業主婦、我々のような外国人でも子供を預けることができます。

日本とは違いますね。


その後、2度目も同じ国に5年駐在。

息子が中学2年生の終わり、娘が小学校を卒業して赴任しました。

2人とも赴任地では、インターナショナルスクールに入学。

学校では英語、街中はフランス語、家では日本語の生活になりました。


赴任期間が分からない中で子供の学校選びが始まる。


中学生以上の子供を持つ親は、赴任が決まった瞬間から大学受験を意識して、

現地の学校をどこにするべきか考える必要があります。

悩ましいのは、帰国がいつになるのか分からない中で、学校を決めないといけない事。


日本人学校は中学校までしかありませんので、日本人学校を選べば、

3年後、日本に帰国して高校受験するか、

現地のインターナショナルスクールに編入して大学を目指すか、

あるいは、最初からインターナショナルスクールに入学して

帰国するタイミングでどうするのか考える、という選択肢です。


現地校を卒業しないと大学の選択肢が広がらない


悩ましいと書いたのは、日本の大学の場合、

帰国子女受験の資格として、現地の高校を卒業していれば

国立、私立ともにほとんどの大学を受験できます。つまり選択の幅は広い。


卒業できずに途中帰国となれば、現地校の卒業要件を満たしませんので

帰国子女枠では、限られた大学しか受験できなくなります。

みんなの読んで良かった!