【第16話】『最後の挑戦へ』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜

1 / 17 ページ

前話: 【第15話】『ハッピーエンドを探して』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜
次話: 【第17話】『奇跡のおばちゃん』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜

9日目…





朝起きて早速、宿のじいさんオススメの女将が始めた屋上ガーデンに行ってみた。 


通っていいのか戸惑う程、荷物が無造作置かれた薄暗い階段を上っていくと、 

屋上ガーデン→



と書かれている。




通っていいらしい。




僕は扉を開け、屋上に出た。



朝独特の水分を含んだヒンヤリとした空気がとても心地良かった。 




屋上ガーデンは、元々女将がガーデニングが趣味で始めたらしいが、

思っていたよりも遥かに本格的だった。



色とりどりの草花がとても美しかった。 




そして、この景色。


昨日は夜の到着だったため、全く見ることが出来なかったが、


紅葉を始めた北アルプスが壮大で、思わず、



「すげー」



と声が漏れてしまった。




あんな山を登る人がいるんだから、

そんな人たちはもっとすげーと思った。




朝から良いものが見れた!



見に来て正解だったな!




そう思った。






何より、今日も天気が良い!



今日僕は、何を見て、何に出逢い、何を感じることが出来るんだろう?



1日約25kmの道のりは、体力的に本当にキツイのだが、


そんなことよりも、新しい景色、新しい経験、

新しい感情を知ることが出来るのが嬉しかった。



生きていく答えが見つかる気がして、前へ進みたくて仕方がなかった。



だから、今日も僕は歩く。



前へ進むために。


答えを見付けるために。


弱い自分に勝つために。




今日のゴールは白馬。




そう、長野オリンピックが行われた場所だ。



「ふなきーふなきー」




の場所。




それくらいしか印象はないが、

日本中を湧き上がられせた誰もが

一度は聞いたことがある場所へ行くことに、

どこかワクワクしていた。


著者の坂内 秀洋さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。