【第17話】『奇跡のおばちゃん』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜

1 / 18 ページ

前編: 【第16話】『最後の挑戦へ』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜
後編: 【最終話】『僕の宝物』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜



10日目…




ついに朝が来た。


今日僕は、本気で自分の限界に挑戦する。


修造の言葉が頭をよぎる。


「限界は自分で決めてんだ!」


果たして本当にそうなのか?



旅を始めてから、毎日足がちぎれるような痛みと闘ってきた。


「もう歩けない…」


と思うまで歩き続けて来た。


毎日「限界だ…」


と思うまで歩き続けて来たつもりだ。


でももし、今僕が思っている限界が、

僕が決めた限界だとしたら…


本当の僕は、僕が思っている以上のことを成し遂げられるはずだ。


僕自身でさえも知らない僕になれるはずだ。




本当の僕…


それに出逢った時、僕は変わる。


いや、変わっている。


きっと強い自分になれているはずだ。



限界の先…


今はまだ想像が出来ない。


だからこそ、やらなきゃならない。


本気でやってみなきゃ分からない。


死ぬ気で自分を追い込む。


死ぬ気で自分を傷めつける。


死ぬ気で…


正直言って不安だ。


ちゃんと歩けるのか?

足は持ってくれるのか?

宿も何もない場所で倒れたらどうするんだ?

僕は本当に出来るのか…?


不安要素を挙げればキリが無い程だったが、


この時の僕は、とても冷静だった。


「何があっても、何が起きても、それが僕の運命だ。」


すべてを受け入れようとしていた。


「死んでもいい」


と思っていた。


本気で、全力で、自分の力を出せたのなら。


その上で、「死」が待っていようと、

それが今の僕の最大の力で、運命だから。


大袈裟ではなく、本当にこんなことを思った。


「死んでもいい」


なんて、簡単に口にするものじゃない。


でも僕は、簡単に口にしている訳じゃない。


僕はいつだって真剣だ。


いつだって真っ向勝負だ。


そのせいで、考えなくていいことまで考え込み、病気になったが、


そのおかげで、僕は自分自身と真剣に向き合い、

この旅をしようと決意し、実行し、実現してきた。


「弱い自分を変えたい」


「強くなりたい」


「本当の気持ちが知りたい」


「納得した答えを見つけ出したい」


これらを達成するには、

「死」を、「限界」を、

自分の肌で体感することが必要不可欠だ。


死を目の当たりにしなければ、

この旅をした意味が無い。


自分の本当の気持ちを、

本当の答えを見つけ出さなければ、

旅に出た意味が無い。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。