体験談) ICL受けてみた

1 / 5 ページ

こんにちは、こぐです。

はじめての方は初めまして

いつもの方はこんにちは

こんにちは、こぐです。


さて、昨日(2015年06月あたり)ですがICLという視力矯正手術を受けてみました。


# ICLってなんぞや?

レーシックっていう矯正手術はご存知の方も多いと思います。

レーシックは、角膜、つまり目の表面をレーザーで削って、ピントを矯正する術式です。

対してICLというのが、目の中にコンタクトレンズを入れる術式です。


# レーシック

レーシックは目の角膜を削るため、戻しがききません。

合わせて、削れる量も人によって違って、強度近視(0.04以下、紙を持って眼下の人が前に近づいてくるタイプ)の人は普通の人でも許容値を超えてしまうので、手術自体が無理です。

目の形によっても出来る出来ないがあるそうです。


# ICLのメリット・デメリットって?

ICLは目を切って、その隙間からコンタクトレンズを挿入するので、レーシックでは矯正しきれない人や、目の形が合わない人も出来るそうです。

レンズは何かない限り一生使えます。

何かあっても、取り出す事ができますので、安心感があります。

その代わり費用が高いです…


# なんでICL選んだの?

まず、私は幼稚園の頃からメガネかけてました。

先天的に近視で、初めてメガネかけた時はよく見えるようになって文明の力を感じました。

小学生の時にすでに父親の近視を上回り、分厚い瓶底メガネをずっとつけていました。

大学の頃にコンタクトつけてもみましたが、眼科に置いてある限界のレンズをつけてました。


何よりコンタクトが面倒で、結局メガネに戻り、薄いレンズを選んでもフレームを飛び出して分厚いメガネをつけていて、メガネを外すと目が大きくなるというネタまで使いこなしてました。


何人かレーシックも受けた人も見ていましたが、ハロー、グレアといった術後後遺症に悩む人もいる事もあって、なかなか足を踏み出せずにいました。


# ICLを受ける決心

費用との兼ね合いだけです。

なんとか初回のレンズ代だけは払えるだけ貯まったので、えいや、と思ってとりあえず検査を受けてみよう、ととりあえず予約。


# ICLの検査

最初に都内の眼科さんに行ってみました。

結果的にそちらの眼科さんには行かなかったので、名前は伏せておきます。


最初にやったのは、目の検診です。

通常の視力、眼圧などを検査した後に、角膜、内皮細胞、目の形、眼底など、詳しい検査をしました。

みんなの読んで良かった!