困難な状況にいる人々を救うためにはお金が必要だ!と資金作りのために起業しようとしたが、、、、結局は利益など無視でお金不要の環境創りを始めた話 ~ビヨンド自然塾誕生物語~ vol.7 『気付き ~やはりそうだったんだ!!~』

前話: 困難な状況にいる人々を救うためにはお金が必要だ!と資金作りのために起業しようとしたが、、、、結局は利益など無視でお金不要の環境創りを始めた話 ~ビヨンド自然塾誕生物語~ vol.6 『開園して気づいた事』
次話: 困難な状況にいる人々を救うためにはお金が必要だ!と資金作りのために起業しようとしたが、、、、結局は利益など無視でお金不要の環境創りを始めた話 ~ビヨンド自然塾誕生物語~ vol.8 <完>『新しい文化を創ろう!』

研修生がやって来た

自然農園ビヨンドでの活動が段々と知られるようになり、研修生(I君)がやって来た。

職場を辞めたばかりの若者で、近くの農園にwwoofで滞在していたのだが、そこの農園のスタッフに「人生の岐路で悩んでいるのなら自然農園ビヨンドに行け!」と勧められてウチに来たのだ^^

「農作業よりも哲学を学ぶ場所だよ」と伝えられていたI君は、不思議な思いでビヨンドに来てくれたとのこと。

実際、彼の滞在中は畑以外の場所で活動することの方が多かった。

何故か男だけでママの会に参加したりね^^


研修生と子供達


~関連記事~

食を守るママの会の会合に参加

研修生日記 K.I.君 04

ビヨンドモデル第一号

二時きっかり

そんな感じで、ただ農作業を行うのではなく『ただ幸せに生きよう!』という事を実践し、その心の持ち方などをI君には伝えていた

I君自身も「一見無駄な動きのように見えて、結局は面白い繋がりが出来たり出来事が起こったりするんですね~」と、効率のみを考えるやり方とは違う、シンプルな心の持ち方に一定の理解を示してくれるようになっていた。

彼と二人で農作業中、ふとこんな事が頭をよぎった


「『目の前で起こっていることの意義がわかると、沸き起こる感情は激変し、実際に目の前の”現実”さえも変化してしまう。』I君にはずっとコレを伝えているけど、、、証拠があるか?と聞かれるとハッキリとした証拠は提示できないな~」

「誰でも理解できるような『証拠』みたいなのがあれば、説明がしやすいんだけどな~」

少し離れたところでI君は黙々と作業を続けていたが、急に自分は動きが止まった。


メッセージを受け取ったのだ!(こんなのがたまに起こる^^)

しかもこのメッセージがかなり不思議系で、最初は何のことだかさっぱり分からなかった


そのメッセージとは、、、


「今は14:00きっかりである!」

どう?訳がわからないでしょう?

しかしながら、このような感覚に間違いがないことを経験的に知っている自分は、その意味するところを考えてみた。

そしてすぐにその意味がわかった^^


「まだ疑っているのか?そんな疑いなんか不要なんだよ」ということだ。


どうしてそうなるのかって?

自分の心の中にある「証拠がないと人に説明しにくい」という思い自体が、自身の中にまだ疑いが残っていることを示している。

その疑いを晴らすべく、面白い形でメッセージが来たのだ。


今が14時きっかりかどうかなんてさっぱりわからない。証拠など何もない。

しかしもし今、ハッキリと14時ピッタリだとしたら?

メッセージがやはり正しいということを体験してしまったとしたら?

証拠なんて不要なんだよ。そうだろう?

そんな事を示しているのではないか?と思ったのだ。

自分が持っていた時計はiphone。時間の表示は分までで秒までは表示されない。

それで二時きっかりを示すとしたら、見た瞬間が13:59から14:00に変化するということだ。。

そんなことを考えていると、かなり胸が高鳴ってきた

コレで今、ポケットからiphoneを取り出して二時きっかりだったら、、、

ワクワクしながらiphoneを取り出して電源を入れると、13:59の表示が!

そしてその表示は一瞬で14:00に変化した!!

自分は思わずニヤリとした。そして物凄い感慨深い感じが沸き起こった。


「そうだ!何でまだ俺は疑ったりしてしまったんだ?こんなの説明なんか不要だろう?!」

この瞬間、自分は自然農園ビヨンドを立ち上げた当初の目的(下記)を達することが出来た。

『自分自身が疑いを超える』

山梨に移住してまだ一年も経っていない時の事だった。


自然農園ビヨンドの様子


寺子屋部門開設

自分自身の中にある疑いが晴れ、心の重要性を深く理解できた私は、農体験を提供するだけではなく、もう少し直接的に心の世界の話を伝えることにした。

それが現在も運営している心の寺子屋である

有難いことに県外からも多くの人が参加してくれており、話を聞きたいと思ってくれる方は多いようだ。

この点で、諦めずにずっと精神世界の探求を続けることが出来てよかったなとシミジミと思っている。

あくまでも悩み相談室ではないので、ただ悩みを聞いてくれ、解決してくれというのは受け付けてはいない。そうではなく、自分自身で解決策を見出そう、新たな境地を味わいたい!と切望する方のみを対象としている。(実はここもかなり重要)

そして、自分自身が探求中につまずいた点や、一番理解が難しい”感覚的な”点などを教えている。

本をいくら読んでも気づけ無いことは多いし、しかも本によっては読むことにより、視野が狭くなることもかなり多いので、まじめな人ほど迷宮入りしてしまう可能性は高い。

そんな人達の一助になれればなという想いでやらせて戴いている。


瞑想指南の様子


新しい価値観を伝えることで

ビヨンドには「もっと自由になりたい!」というような想いを持つ人々が集まってきており、それらの人々がイベントなどで互いに会って話たりすることでも大きな影響を及ぼし合っている。

「周りがこういうから、、」の『周り』が変わると前提がまるっきり変わってしまうことを体験してしまったり、同じような境遇の人と話すことで疑いが晴れてきたり、勇気をもらったりもしているようだ。

そして凄く面白いことが続々と引き起こされている^^

訪れる人の表情が明るくなり、顔が輝くのを見るのは最高だ!

だってそれが自分がビヨンドで伝えようとしている事なのだから!


オープンファームイベントの様子

~関連記事~

起きている流れ

理念、ビジョン | ビヨンド自然塾

このSTORYで伝えたいこと

■心は現実に確実に反映される!

■1000の知識よりも1の体験の方が格段に勝る!

■心から探求する意志がある人には寺子屋で教える事ができる


続きのストーリーはこちら!

困難な状況にいる人々を救うためにはお金が必要だ!と資金作りのために起業しようとしたが、、、、結局は利益など無視でお金不要の環境創りを始めた話 ~ビヨンド自然塾誕生物語~ vol.8 <完>『新しい文化を創ろう!』

著者の室田 泰文さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。