35年ラブ

2 / 2 ページ


それをヤツに伝えた。



「はっきりして。」



そしたら、ヤツは、今までにない。はっきりした声で言った。







ヤツ=痩せたオトコ
「一緒に東京に来てくれ。」




・・・

ふたりは、高校1年で同じクラスになった。そして、3年生で、また、同じクラスだった。


ヤツは高校1年から彼女をずっと好きだったらしい。

彼女に教える為に勉強したようだ。で、その結果。現役で東大に合格した。凄い。


いろんなラブがある。情熱がある。

愛はいろんなエネルギーを発生させる。そしてパワーを増幅させる。



私は、天敵だったヤツの現在の姿を見たくなった。


で、彼女の携帯の中にあるヤツの写真を見せてもらった。

なるほど。こんな感じか。天敵の面影はアル。


でも若干、ヤサシげにもミエル。

まあ。今の話しを聴いたからだな。錯覚かもしれん。ははははは。




彼女は写真を私に見せながらこう言った。


「これは海岸で撮ったので風が強かった。もうちょっと髪はこんなかんじ」


「天敵(笑)。そうだったのね。」

「でも、ヤツは、偏屈で皮肉屋なのですごくワカル。」


堂々と彼女は続けた。穏やかな印象の彼女の雰囲気とは違う言葉だった。


「私以外、ヤツと結婚して上手くやれる女性はいなかったと思ってる。」


そんな彼女は、とってもまぶしかった。アルコールの影響を割り引いても。



天敵よ。ヨカッタな。イイヒトと結婚したな。


じゃ。そのうちいつかまた会おうぜ。

闘わないで。和やかに。スマイルで。


でも、ありがとう。おめでとう。

よかったな。



天野功一@35年ラブ(完)



人はどこからでもいつからでもヒーローになれる。

ヒーローになれるのは、若いヤツだけの特権ではない。

私は、人生を賭けてそれを証明する。


□■□■byプロフェッサーアマノ□■□■□■□■

100%を150%に変えるコンサルタント。

「感情」×「論理」⇒感情営業スーパープロデューサー。


著者の天野(あまの) 功一(こういち)さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。