3日で100万PV!! (;゚Д゚)ガクガクぶるぶる体験の舞台裏~記事がバズった5つの理由~

1 / 2 ページ

3日で100万PV!! (;゚Д゚)ガクガクぶるぶる体験の舞台裏~記事がバズった5つの理由~




「劇団四季で学んだプロフェッショナルとアマチュアのほんの僅かな違い~生き残る人・消える人~11のポイント」



という記事を読んでくださった方、多いと思います。


私が書いたこの記事、ネットで拡散が突然起こりなんと3日100万PVを超えてしまいました…。




Facebookいいね!5万7000千越え

SNSは拡散されまくり、数字がわかりません。



STORYS.JPではあのビルギャルを超え1,2フィニッシュという快挙です。


更新ボタン(F5キー)を連打するたびに500~1000アクセス増えていくあの身体がガクガク震える感覚。


自分が体験してみるとなかなか恐ろしいものでした。



※3日で100万PV


大爆発の舞台裏ではどんなことが起きているのか?

なぜ記事が拡散したのか?


今回の記事がバズった理由を5つにまとめてみました。


1. ターゲットを絞った
2. 本音で書いた(炎上を恐れなかった)
3. キャッチーなタイトルをつけた
4. アイキャッチ画像を工夫した
5. はてぶを意識した

まとめ:いい人ぶらず本音を発信する



ぜひ、今回の私のバズを疑似体験し、記事作成の参考にしてみて下さい。



1.ターゲットを絞った

この記事は、


「会社を辞めて、憧れていた劇団四季を目指したい」

「夢を諦めきれない。働きながら劇団四季に合格したい」

「学校を卒業したら、就職しないで劇団四季に入る夢を叶えたい」



という、芸能を目指すいわゆる特殊な人向けに書いたものです。



記事を書く上で「より多くの人にこの記事を読んでもらいたい。」と思って書きました。




私は2年以上、インターネット経由での名前も顔も知らない沢山の人の劇団四季に入るための質問・相談にのってきました。(※大人から勉強を始めて劇団四季に合格したという私の経歴からでしょう)


その相談にはとても多くの時間を費やしました。

直接会ってください!と嘆願してくる人もいました。

もちろん会ってボランティアで相談に乗りました。


しかし、ネット相談者のかなりの人が


・有益な情報をもらうことしか考えていない
・あまりにも意識が低い
・どんなに丁寧に答えても、まったく行動しない


という状態だったのです。


「憧れだけでは通用しないですよ」

「プロという厳しい世界を目指すんですよ」


ということを、劇団四季という特殊な世界を目指す人に伝えたくて書きました。

それが、結果的に芸能とは関係ない方々の興味・関心を惹き共感されたです。



2.本音で書いた(炎上を恐れなかった)

劇団四季の世界は、本当に厳しいです。無理に会社を辞めて受験してもなかなか合格できません。



インターネットで相談してくる人のほとんどが知りませんがプロの世界は入るよりも残る事の方が難しいんです。



プロ野球やプロサッカーの世界と同じで、成果がでなかったら契約更新してもらえる保障って全くないのですよ。



人生の大きな決断をして、学校を辞めて会社を辞めて劇団四季の合格を目指してそれで例え合格したとしても半年~1年で契約更新できずに人生の路頭に迷ってしまったら悲惨じゃないですか?



だから覚悟ができていない人は、安易に進路を変えて欲しくないと思っていました。今の仕事が嫌だから夢をおいかけるみたいな理由で会社を辞めて欲しくないと思いました。



甘いことを言うことは、その人のためにならないと思ったからです。



ですから私は、大人から劇団四季を目指すという特定の方に対しては、芸事だけでなく合格した後の事のことも考えてもらいたかったので覚悟を決めるうえでも本音で厳しい言葉で記事を書きました。



私はインターネットで記事を書くときに、批判を恐れるタイプですので、本音で書くのは恐怖がありました。生意気だ!と炎上したらどうしよう?という恐れも感じました。



でも厳しめの言葉を本音で書くということをチャレンジしてみたのです。



結果、多くの方の共感を呼び、Facebookでも5.7万いいね!を頂きました。


※Facebookで5.7万いいね!



3.キャッチーなタイトルをつけた

タイトルはとても大事です。

タイトルがキャッチーでなかったら、どんなに記事の中身が素晴らしいものであっても読まれることはありません。


「劇団四季で学んだプロフェッショナルとアマチュアのほんの僅かな違い~生き残る人・消える人~11のポイント」


おもわず、クリックしたくなるようなタイトルづけを工夫しました。


もしタイトルが「夢を叶えるにはプロ意識を身に付けることが第一歩」

では、内容が同じでも誰も読もうという気持ちになりません。



タイトルは、記事を読んでもらうための登竜門です。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。