第一章:目覚めない夢 vol,5

1 / 3 ページ

前編: 第一章:目覚めない夢 vol,4

ココココココココ…ココ…バタバタバタバタバタ!!

ベランダから聞こえる鶏の鳴き声と羽を動かす音に起こされ、そしてふと気がつくと横にいたはずのチャンがいないことに気付いてユキは慌てて飛び起きた。

急いで部屋を出てベランダを見ると、そこにはチャンと、羽をバタバタさせて抵抗している鶏がいた。

チャンがここに来てからというものの、安心して寝ることが出来なかった。なぜなら、チャンの潔癖性は病気レベルで、ユキと一緒に寝ることもままならなかったからだ。

来たばかりの頃は仕方なく同じベッドで寝ることにした。それでもチャンの要求は厳しかった。

「まず、歯をちゃんと磨いてからベッドに入ること。それに、あなたと私の枕の位置は逆ね。あなたの頭の横に私の足が。わたしの頭の横に、あなたの足が来るようにするの。」

「わかった、でもそうしたら、頭を蹴っちゃうんじゃないの?」

「大丈夫、頭を蹴ったら、その時は叩き起こしてあげるから。」

大丈夫の意味が分からなかった。

そういうわけでユキは、チャンが来てからの3日ほどはうまく眠れず、夜中に何回が起きては自分の足の位置を確認する、みたいな生活を送っていた。

なによりユキを不眠にしたのは、夜中にチャンがこっそり部屋から出て行くからだった。

何をしているのか分からなかったが、一度チャンが部屋を出た後の様子を観察していると、どうやら車庫に入った自分の車の中に戻っているらしい。そして、朝方になるとチャンはベッドの中に帰ってくる。

ユキは、そのままチャンがいなくなっちゃうのではないか、そしてこの季節外れの雪がまだ降るようなこの気温の中で、チャンが朝になったら死んでいるのではないか、という不安が常によぎった。

そう心配するユキを気遣ってなのか、チャンは4日目急にどこからかマットレスを持って帰って来た。

ドスン、とキッチンと今の間のスペースにそれを置いて、簡単にシーツを引く。そして、

「今日からわたし、ここで寝るから。」と独り言のように言い放って、チャンとユキの二人部屋はあっという間に解消となった。

「ユキ、買い物行くよ。」

そう言って、いつものショートパンツにスニーカー。パーカーのフードを深く被ってチャンがユキに合図した。

相変わらず午前中で終わるフリースクールの後が退屈で仕方がなかったユキにとって、車を運転できる従姉妹の姉が家にいてくれることが救いだった。

「わかった、今日は何を買いにいくの?野菜は必要ないからスーパーは行かなくていいよ。」

「今日は、車で一時間くらいかかる場所にある大きなショッピングモールに行こう。あそこで欲しいバッグがあるんだ。これ。」

「へぇ・・・」

ひょい、と目の前に向けられた携帯の画面には、ブランド物に疎いユキがあたり前にスルーしそうなゴテゴテのバッグが載っていた。

「に、にじゅうよんまん?」

「そ、二十四万くらいじゃないかしら?日本円で言うと。」

ものすごく軽い返事だけして、チャンはそそくさと赤黒い階段を下りていってしまった。

ブランドに疎いことは確かだが、バッグ一つに二十万円以上もかける人間の精神が分からなかった。それに、そのバッグを買うためにわざわざ片道一時間もかけてショッピングモールに行くなんて…。

だが、最もユキを驚かせたのはこの後だった。

片道1時間もかけてショッピングモールに行く、そこまでは良い。ブランド物を買う、それも個人の好みの問題だからそれでいいだろう。

みんなの読んで良かった!