のこしたい、ことば ー娘と母の生きるー

1 / 2 ページ



小学生 と いのち

小学2年生になる娘のガッコウで、いのちをテーマに道徳の授業が行われるという

そこで、保護者からの手紙を集めたい、そんな学級通信を娘が持ち帰ったのは5月中頃

期限は10日ほど、テーマは「これから生きる子供たちに向けてのメッセージ」

さて、どんなものか、と書きはじめた

ひとつ、書くと、嘘くさい

ひとつ、書くと、ありきたり

ひとつ、書くと、書くと、書くと…

いのちが大切さ、素晴らしさ、なんて、ことばにしたら、実に陳腐

じゃあ、2年生のきみに、ことばで、伝えられる、いのちの大切さってなんだ?


生 と 死

しなない と いきる 

昔はこのふたつが同じような、こと

そう漠然とかんがえていた

しぬ ということがひどく遠い、そんな感じだった

それが、おかしなことに、子供を生んだことで、

あんなに遠くにいた死が、すとん、と手元にやってきた

生んだ、のに、死を意識する

なんとも不思議な感じだ

そして、それは

おかあさん、という新しい目をもらって

その目を通して見た世界でもあった

きみがわたしのもとにきてから

その新しい目がいろんなことを教えてくれたし

いろんなことを考えさせてくれた

いままでの、私を、おかあさんの私が整理してくれる

そのことを、すこし、手紙にしてみようか

そう、なんだか、全部が腑に落ちた


いきる、あなたへ


いきる、ってどんなことだろう


おいしいものをたべてよろこんだり

おともだちとケンカをかなしいきもちになったり

おなかがいたくなるほどわらったり

つらくて、くやしくてないたり…

まいにち、いっしゅん、いっしゅん

ひとは、いろんなきもちをかんじます

みんなの読んで良かった!