音楽に人生を捧げよう、と思った話

1 / 3 ページ

2013年3月23日、尼崎Deepaさんで久しぶりのライブをします。初心に帰る意味でも、少し過去を振り返りながらバンドを始めた理由を思い出そうと思います。
音楽に初めて「触れた」と感じたのは7歳の頃、友人の家でピアノを鳴らした時でした。
最初は自分の好きな推理アニメの主旋律に含まれる音を鍵盤から探す、というだけだったのですが、そこから次第にメロディーを自分で作る楽しさを知りました。
これといった楽器もなかった当時の我が家ではこの楽しさを感じることが出来ず、友人の家に行く度に鍵盤で遊んでいたのを今でも覚えています。
思えば、音楽理論あるいは楽器演奏の方法というもののルールや制限を何一つ知らないでいたこの頃が最も純粋に音を楽しめた時期だったように思います。
少し話しが脱線しますが、「作曲」という行為は決して才能とか昔からの経験が与えてくれるものではない、と思っています。
誰だって知らないメロディーを自然と口づさむ瞬間があるはずです。
そのメロディーを譜面に書いてみるか書いてみないか。それが作曲の「出来る」「出来ない」を区分けする唯一の線分ではないでしょうか。
少なくとも、楽器は鳴らせば音階を教えてくれる。半端ながら初めての「作曲」はそれと意識しない中で、幼い自分は行なっていたようです。
ところで、勘の鋭い方は私のそういった経験に違和感を覚えるかもしれません。
友人の家で楽器を弾く子というものがどういうタイプの子供であったか、それを考えると多少理解して頂けるかもしれませんが、
私はどちらかというと「男の子らしくない」「女の子の友達が多い」「泣き虫」といったような言葉が似合う幼少期を過ごしており、男の子たちからは、からかいの対象となりやすい面がありました。
また、子供の疑問に対して、彼らにも分かるような曲解よりも例え理解できなくとも将来のために論理的に正しい解を提示するような父の元で育ったことが原因だったのか、当時の私の言葉の使い方にはませた部分が多かったようで、そう言った面でも、同年代の子とコミュニケーションを取るという点で苦手な面が多く、多数の友人は作れなかったのです。
周囲の大人からも同様の指摘を多数受けた時期でもあり、尚更友人というものに対して臆病になっていたように記憶しています。
しかし小学3年生の頃でしょうか。クラスが替わり新しい友人が少しずつ増えていく中、1人の男の子と出会います。
「どいっち」と呼ばれていた彼は大変社交的で、勉学や運動においては特に目立った部分はありませんでしたが、快活で裏表も上下関係も取り払ったような性格は私からは一線を画するものでしたし、そしてそんな性格故なのか彼は癖の強い私にも善くしてくれる1人でした。
ゲームの話からタイツの話まで、色んなことを言い合ったものです。
また、私と以前から仲よくしてくれていた女の子と大変親しい子でもあったので、3人で遊んだこともあったように記憶しています。
しかし、それから少し経って、小学4年生の秋に1つの転機が訪れます。
その彼が交通事故に遭い、帰らぬ人となったのです。
奇しくもその頃、私は誕生日が近く、彼にそのことを言おうか言うまいか悩み、言わずに過ごしたその翌日に起きたことでした。
彼はある意味、自分にとって憧れのような存在でもありました。
当時から私は、勉学に関しては得意であると自負していましたが、彼はそういったことだけが人生の尺度ではないということを体現していた人そのものでしたし、幼いながらも彼に私は多少の劣等感を抱いていたのかもしれません。
それ故に、彼の死後、無性に私は「彼になり変わる」ことを心のどこかで望んでいたように思います。
そして、この出来事を機に、賢く振る舞うことを極力抑え、友人と対等に関わることに努めるようになりました。
その甲斐もあってか、中学生になる頃には特に交友関係に悩まされることもなく、非常に楽しい学生生活を送っていたのです。
しかし、やはり頭の中には彼の存在がちらつき続け、次第に「幸せな生活を送ること」に対する罪悪感が強まって行くのを感じていました。
例えば、あの時自身が誕生日であることを伝えていたなら、彼の死は回避できたかもしれない。
例えば、あの時自身が代わりに死んでいたなら、彼は間違いなく今の私よりも価値のある生を送っていたのだろう。
そういった類の「たられば」が毎日毎日頭をちらつくようになったのです。

みんなの読んで良かった!