学歴コンプレックスの私が大手企業で新人賞を受賞した話 ~6~ 【epilogue】

1 / 2 ページ

前編: 学歴コンプレックスの私が大手企業で新人賞を受賞した話 ~5~

              授賞式




司会
今期の新人賞、

○○支店の私さんです。
こちらへどうぞ。

私は壇上に上がっていた。

3か月前には0だった私が、期末時点で5件の契約。

正確には2位だったのだが、1位の同期が自宅の契約を含んでいたため、繰り上がり同率1位として表彰を受けた。


全国の優秀社員の中での表彰。

もちろん、私に入社を決断させたトップ営業マン、そしてわが部長も参加していた。


数人呼ばれた同期の顔には、


「なぜお前が?」


そんな表情が浮かんでいた。




社長から直々にトロフィーを手渡され、私は満足感に浸っていた。

学歴コンプレックスで、自信を喪失していた私は、達成感で一杯だった。


頭の出来では歯が立たなかったが、


同期の誰よりも苦しみ、


同期の誰よりも馬鹿にされた。


そしてその悔しさで同期の誰よりも仕事をした自信があった。




「同期を見返したい」

と焦ってばかりいた私はOさんの契約を境に、

「お客様を守れるのは自分だけ」

その強い信念で突き進んだ。

そこに邪念は一切無かった。





結果は後からついてきた。今まで見向きもされなかったお客様からもどんどん声がかかり、瞬く間に契約に結び付いた。

みんなの読んで良かった!