大学生までABCしか出来なかった私がヨーロッパで働いている話(現在進行形)『仕事』

前話: 大学生までABCしか出来なかった私がヨーロッパで働いている話(現在進行形)『プレイボーイ』
次話: 大学生までABCしか出来なかった私がヨーロッパで働いている話(現在進行形)『限界間際』

個性溢れるルームメイトと職場の同僚との生活が始まります。

仕事は主に客室の掃除、ベットメイキングやバスルームの洗浄などでした。

ドイツ人のマネージャーは気に入ってくれたので当時スタートの時給が9.5カナダドルだったと思います。



そして職場にはほとんどがフィリピン人、その他にはフレンチカナディアンなどもいましたが純粋なカナディアンはルームメイトでもあるクリスだけでした。



到着して1週間後には現金が全て尽きてしまい給料日まであと2週間、、、

まかないは安かったのですがお金がない為買えず、、、

たまにお客さんがデリバリーして手をつけてないピザを食べながらなんとか10日ほど乗り越えました。


続きのストーリーはこちら!

大学生までABCしか出来なかった私がヨーロッパで働いている話(現在進行形)『限界間際』

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。