初めてのボスニアサッカー旅で出会った、バルーンアーティスト・リマノビッチさん一家との話③

前編: 初めてのボスニアサッカー旅で出会った、バルーンアーティスト・リマノビッチさん一家との話②

 リマノビッチさんのオフィスに到着。

 平屋のこじんまりとした建物で、色とりどりのバルーンが壁に掛かってある部屋、ブラピ&アンジーのポップコーン写真が飾ってある作業場、そしてデスクスペースの3部屋から成っていた。

 ブラピ&アンジー部屋で待つコト5分。リマノビッチ氏の娘・アンニャがやって来た。


アンニャ・リマノビッチ。11歳(当時)。地元の男の子のサッカークラブに所属し、水泳選手としても活躍する、元気はつらつなスポーツ少女。


首にボスニアのマフラー、頭にレアルマドリーのニット帽の出で立ちで登場のアンニャ。

さすがに、初めて見る日本人を前にして、少しはにかんだ表情を浮かべていた。


“レアルマドリーが好きなの?”とボクが聞くと、、、

“クリスティアーノ・ロナウドが大好きなの。”と彼女。


“おいおい、これからキミの国の大一番だよ。その対戦相手がクリロナ率いるポルトガルなんだぜ。

その意味、分かってんの???”と、思わず心の中で呟いてしまったが…、


今日は、アンニャのパパ代理である。


“分かった。ボクが、ボスニアのニット帽を買ってあげるから、レアルのほうは置いていこう。”と提案。アンニャも小さく頷いた。


 その後、リマノビッチ氏の車で、ボク達はスタジアム近くまで送ってもらい、

試合後、出会ったバスステーション隣のカフェで落ち合う約束をし、本当のお父さんと別れた。


 さっそくボクは、ボスニア代表の応援グッズを取り揃えた出店で、アンニャとの約束であった、ボスニアの国旗をあしらった青黄のニット帽を買ってあげた。彼女は再び、はにかんだ笑顔を浮かべ、“サンキュー”と言った。



 この日のスタジアムは、自分達の後押しで強敵ポルトガルを打ち負かし、祖国の悲願を叶えようと意気込むボスニア人の熱気で溢れていた。




 その中には、ボスニア国内からのサポーターのみならず、内戦を逃れ、ヨーロッパ諸国へと移り住んだ人達も数多く居た。スイス、オーストリア、イタリア、ドイツ、スウェーデン…。異国で生きる、戦争が招いた数奇な生い立ちの彼らにとって、サッカー・ボスニア代表は、唯一にして最大の”心の拠所”であり、”自らのアイデンティティ”を示せる故郷なのだ。



 試合中、ほんの少ししか英語を話すことが出来ない愛娘アンニャとは、ほとんど会話のキャッチボールが成立しなかった。

しかし、そんな彼女が、ひと際テンションが上がる瞬間があった。

それは、”キレキレな難敵”クリロナの名を出した時だ。

決まって、人差し指と中指で二本の足を作り、彼の高速またぎフェイントやドリブルの様子を嬉しそうに表現する。

跳んだり手拍子をしながら、ボスニア代表のチャントを叫んでいたアンニャだったが、ヤツがボールを持つと、心なしかときめいた表情になっていた。

少しだけ、異性に恋い焦がれる思春期の娘を持った父親の複雑な心境が分かった気がした…。


 結局、試合は0-0のスコアレスドローだった。ポルトガルの猛攻に耐え忍んで掴み取った引き分けという内容であった。


 午後十時半。試合が終わり、待ち合わせ場所のバスステーションのカフェに行くと、すでにリマノビッチ氏がコーヒーを飲んでいた。

”ポルトガル相手に0-0は良く頑張った。でも、次のアウェーが怖いねぇ…”的な会話のあと、、、

彼はまた、ある提案をしてきた。


“じつは今日、嫁の誕生日で、友達がバーでパーティーを開いてくれているんだ。

それもあって、ワタシは試合に行けなかったんだけど…。キミのコトをみんなに話したら、みんなキミに会いたがっている。一緒にパーティーに来てくれないか?

アンニャは家に送り届け、寝るように伝える。さぁ、行こう!”


もちろん、二つ返事で承諾した。むしろ、ゼニツァオール、サラエボ朝帰り上等な気分だった。

 

 再び、リマノビッチ氏のワーゲンにお世話になり、アンニャをゼニツァの街では高層な自宅マンションに送り届けると、奥さんの誕生日パーティーが開催されているバーへと向かった。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。