11、専業主婦が、目指してないのに何故かタロット占い師になり、それを受け入れるまでの体験談(タロットとの出会い、前世療法ふたたび)

1 / 4 ページ

前編: 10、専業主婦が、目指してないのに何故かタロット占い師になり、それを受け入れるまでの体験談(ロミロミレッスン、伊勢神宮)
後編: 12、専業主婦が、目指してないのに何故かタロット占い師になり、それを受け入れるまでの体験談(人生の夏休み)


タロットカードを作った???

2011年2月4日

ロミロミ師匠の佐藤久笑先生から届いたのは、「ハワイアンアロハタロット」 でした。


レイキ師匠の佐藤人志先生と共同で製作したとのこと。

同封されていたメッセージカードには、

「ワークショップなどで皆さんが集まった時に遊んでみてね♪」と書いてありました。


えええーっ!?


何?何?何? どういうこと?


タロットカードを作ったの?


作るってどういうこと?


なんか、可愛いけど~、怖くないみたいだけど~、


これ本当にタロットカード?


っていうか、タロットって、どうやって使うの?


みんなで遊べるものなの?



とにかく驚きでした(笑)


それまでタロット占いを受けたことも一度も無かったのです。


とりあえず1枚引いてみたところ、出たカードは、


ウニヒピリ1 「レイ」 


同封されているガイドブックによると、このカードは

「純粋、贈り物、親愛の印」などの意味があるらしい・・・。


ま、確かに、贈られたんですけど・・・

親愛の印・・・嬉しいです。ありがたく受け取ります・・・。





みんなの読んで良かった!