12、専業主婦が、目指してないのに何故かタロット占い師になり、それを受け入れるまでの体験談(人生の夏休み)

1 / 4 ページ

前編: 11、専業主婦が、目指してないのに何故かタロット占い師になり、それを受け入れるまでの体験談(タロットとの出会い、前世療法ふたたび)
後編: 13、専業主婦が、目指してないのに何故かタロット占い師になり、それを受け入れるまでの体験談(最終話)


夫の退職

2011年3月11日、地震発生時は、東大宮のスマイルシェアさんで、ニットカフェ(カギ針編みワークショップ)を開催中でした。yukataroさんがマクロビランチを提供してくれていました。


電車が止まったので、その日はスマイルシェアさんに泊まらせてもらい、ちょうど前世療法CDで、yukataroさんが妹だった前世を見ていたので、その話しをしたりして、今世の使命って何なんだろう? こんな大地震の日に癒しのお店に居合わせるのも何か意味があるのかな?と、話してました。


勤務地が浦安だった夫は、その後の仕事にも影響があり、ますます忙しくなり、混乱し、ストレスが溜まっていく様子でした。

仕事の内容と言うよりも、数年前に変わった経営陣のやり方と社内の雰囲気に、どうしても遣り甲斐が見い出せない中で、震災の混乱が追い打ちをかけているようでした。


私自身、夫や周りの人から聞く話で「そんな自分本位な経営者や上層部の会社、嫌だな。」と思っていました。働いている人たちは同じメンバーでも、上に立つ人の「思い」次第で、こんなにも、みんなのエネルギーが無駄になってしまうんだ・・・と、とても残念に感じました。

もちろん、これは100%夫の味方である私の立場から見た状態なので、あの会社のやり方が合っていて、遣り甲斐を感じて働ける人も居るのかもしれません。ですが、私の目から見ると、とても残念でした。


こんな風に、全然面白くない仕事をして、今にも病気になりそうなストレス状態で働いても、幸せじゃないよ。もう辞めてもいいんじゃないかな?

きっと、この会社で学ぶべきことは、もう終わったんだよ。と、話し合いました。


ただ夫は、20年近く働いてきた会社に、もちろん愛着もあり、またストレス状態なので、冷静に判断する心のゆとりも無い、という感じで、すぐに決断はできずにいました。


もう本当に病気になったりしないと、辞める決断はできないのかもしれないな・・・と思いました。


そんな時、会社から夫へ、また不本意な異動の話が来て、同時に本当に体調を崩しました。

そして、本人としても「もう退職しよう。」という決断をするに至りました。


50歳を目前にしての退職なので、会社の人や周りの人達は、「何も今すぐ辞めなくても!次を決めてから辞めないと大変ですよ!とりあえず異動して、ゆっくり探したら?」と、ずいぶんと心配してくれました。


ですが、

大学を卒業してから、ずーーーーっと働き続けて来たんだから、1、2年くらいのんびり休んだっていいじゃない?

幸い子供がいない夫婦ふたり、どうにでもなるさ!

まずはゆっくりして、心身共に元気になってから、良い仕事を引き寄せよう!


ということに決めて、夫婦ふたりで無職、という状態になり、人生の夏休みのような時間を過ごす生活を始めました。


それまでの数年間で、スピリチュアルなことを本で読んだり、友達から奇跡的な体験談を聴いたり、自分でも体験したりしてきて、

夫が体調を崩して退職したことは、今後の人生のためには、大切なきっかけなんだ!

ここで今までの生活を手放してリセットすることで、二人の人生がより幸せに豊かになるんだ!

と、確信はしていました。


が、そうは言っても、やはりまだ心の中に大きな不安があったのも事実でした。


そんな時、私がそのことについて何も相談した訳でもないのに、「秋間さんは金運の神様に守られているから大丈夫ですよ。これからもっともっと豊かになりますよ。」と、突然ある人(とても信頼している人)が言ってくれました。


言われたその時には、「わ~っ!何でか分からないけど守られてるなら嬉しいな♪ ありがとうございます♪」と、単純に喜んで帰って来たのですが、後で思いました。こういう場合、実際に金運の神様が守ってくれているかどうか?とか、何を根拠にそう言っているのか?ということじゃなくて、


ちょっと不安になっていたこの時期に、そういう言葉を投げかけてくれる人が現れる

みんなの読んで良かった!