大学生までABCしか出来なかった私がヨーロッパで働いている話(現在進行形)『給料日!?』

前編: 大学生までABCしか出来なかった私がヨーロッパで働いている話(現在進行形)『限界間際』
後編: 大学生までABCしか出来なかった私がヨーロッパで働いている話(現在進行形)『バーバラ』

初めての給料日!従業員はフロントデスクでサインして小切手を受け取ります。

ちょうどフロントデスクには同部屋のプレイボーイが働いていました。

プレイボーイ
おう!お前の話は聞いてるぜ!給料入って良かったな!
ホンマに助かった!笑
所でなんで給料日に部門のマネージャー達が立ってんの??
プレイボーイ
まぁあとでわかるよ。。。

そんな会話をして初給料をゲットした嬉しさからルンルンで銀行に行った後、寮に戻ると、、、


リビングで職場の女の子が泣いています。


どうしたの?
同僚
私、クビにされたの。。。
同僚
今から冬になるからいらない人は切られるの。。。
..............................


その時プレイボーイが言ってた意味がわかりました。

給料日にマネージャーが立ってるのはいらない人間にクビ宣告する為だったんです。

そしてクビになった人間は3日以内に寮を出て行けと言われます。。。


ちょうどそれから1週間程過ぎた頃部門のマネージャーが変わります。

それがカナダで出会って凄く影響を受けた2人目の人物でした。

続きのストーリーはこちら!

大学生までABCしか出来なかった私がヨーロッパで働いている話(現在進行形)『バーバラ』

みんなの読んで良かった!