『見えない殻』を破るために

1 / 2 ページ

Bonjour♡Rinです。


 


 


『Skype相談』の企画を始めて、


色々な方とお話をさせていただています。


なかには、リアルにお会いする方もいます。


 


 


お話を聴いていて感じるのが、


 


『自分らしく生きたい』と願いながら、


『見えない殻』を破れずにいる人が多い、ということ。


 


 


『1+1=②』のように、


目に見える『正解』に、〇印を付けてもらうことで


『成績』という評価を他者から受ける教育を受け続けてきた私達。


その環境は、高校まで続きます。


 


 


大学という環境に行くと、


『〇+〇=自分の興味』というような形に変わります。


 


 


今まで、〇印をもらっていた『答え』の箇所に辿り着くためには、


何と何を組み合わせなければいけないのかを問いかけられます。


 


 


〇に入るKeywordを、自分の力で見つけなくてはいけないのです。


 


 


『1つの答え』を導き出すことを課されていた環境から、


『答えのない答えに辿り着くための方法を見つける』という課題に変わるのです。


 


 


社会に出ると、それはさらに顕著になります。


 


 


静かに、一方通行的に先生の教えを聴き、


『正解』に辿り着くことを評価する傾向が強い日本の教育。


 


 


他者の意見を聴き、積極的に自分の考えを述べ、


『答えは1つではない』ことを学ばせる傾向が強い欧米の教育。


 


 


『自分らしい生き方』を見つけたいと思うとき、


日本の教育システムでは、なかなか難しいでしょう。


 


 


しかし、時代の変化とともに、


『生き方(働き方)』が変わり始めています。


 


 


『個』の存在や力が大きくなりつつあります。


 


 


私は、『オネエ』として、『1人の人間』として、


自分の考えや価値観、生き方を発信していることもあり、


Skype相談の内容は、そのほとんどが


著者のRin Ohashiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。