4380日

前話: オリジナル位牌

13回忌祈念したるは薔薇一輪 (勝爺)


気がついたら、今日は亡妻の13回忌だ。庭にでると、ピンクの薔薇が一輪だけ咲いていた。薔薇が好きだった妻を偲んで多くの薔薇鉢を買い求めたが、その後の管理が悪く生き延びているのはごくわずかになっている。薔薇の花を切り、仏前に挿し、香を焚く。あっという間の12年。その間、新たに孫が3人増えた。その孫達の性格の中に妻の性格が色濃く見えることに驚く。さぞや孫達に会いたかったろうにと悔やむ。あちらの方に移動した知り合いも年々増えてきた。自分はもう少しこちらにいたいのでよろしく!娘たちからはなんの連絡もない静かな13回忌ではある。

昼ごろ次女から電話あり。お墓に誰か来たようでまだ新しい花が供えてあったと。

孫達の供えし薔薇や13回忌 (勝爺)

著者の井上 勝彦さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。