「自殺したい」と考えたことのある、すべての人へ。

2 / 2 ページ


 私は黙っているのが正解だったの?


 世渡りの為にはそれが正解だったのかもしれないけど、私にとっては絶対にそれは不正解だったと思うから、間違ってない!って思うんだけど、でもそれじゃ、この世の中は生きていけないんだね。


 悲しいよ、みんなそうやって生きてるんだよね。


 どうして、我慢できるのかな。


 我慢して、我慢して、世渡りの為に人生を捧げれば、慣れちゃうのかな。


 でも、私は、それに慣れちゃって、自分のために、いじめっ子や、悪い人の肩を持てる様になってしまうぐらいなら、もうこんな世界、歩いて行きたくないよ。


 少し愚痴っちゃったけど、その時はまだ諦めてなかったんだよ!


 学校の先生が悪者の肩を持つなら、私が一人でやってやる!って意気込んで、いじめられっ子を救うための会を立ち上げる事にしたんだよ。


 それでね、実は密かに愚痴を書いてた私のブログで、協力してくれる人を探してみたんだ。


 一人で何かするのは始めてだったから、同じような境遇の人とか、人を集めるのに詳しい人とかに、色々教えてもらおうと思ってね。


 そしたら、色んな人達が集まってくれて、みんなで相談して、会を立ち上げましょう!って話になったんだよ。


 でもね、お金の話になって、みんな離れていっちゃったの。


 会の運営にはお金が必要だ!ってなってね。


 だけど私は、いじめられっ子を救いたいのに、その人達からお金を貰うなんて事は出来ないし、会が大きくなったら寄付とかスポンサーとか付けてお金を貰おう!って話も出たんだけど、じゃあ、それまでのお金はどうするの?とか色々討論が起きてね。


 そこから、どんどんディープなお金の話になっていってね。


 集まってくれた皆は、最初は、「いじめられっ子を救おう!」という事で盛り上がっていたのに、いつしか「お金を稼ごう!」という事で盛り上がり始めて、止まらなくなってしまったよ。


 酷い時には、具体的には忘れちゃったけど、まずは悪い事をしてでもお金を作って、そのお金を使って運営して、やっていこう!とか言い出す人がいて、しかもみんな、ノリノリで、怖くなっちゃったの。


 そして、気づいた頃には、「私にも家族がいるので」とか、「お金は必要なので」という感じで個人が主張をぶつけあう事になってしまって、終わっちゃった。


 だけど、たぶん、これは皆が悪いとか、世の中が悪いとか、そういうことじゃなくて、その場を上手くまとめる事ができなかった私が悪かったのだと思う。


 みんなを指揮する力が無かった私が悪かったのだと思うの。


 だからね、次は私は、いじめられっ子を救う会じゃないけど、自分のやりたい事をやりながら世界を救ってる人たちのお話を聞こうと思ったの!


 それでFacebookを見ていたら、そういう人たちが思ってた以上にいて、私の自己紹介と目的を添えてメールをしてみたら、意外とみんな会ってくれるって言ってくれて、お話を聞かせて貰えることになったの。


 だけどね、ダメだった。


 やっぱりみんな最初は、人を騙してお金を稼いだり、悪いことをしてお金を稼いだり、サラリーマンの時に教頭みたいに自分の事だけを考えてお金を稼いだりしながら、お金を作っていたみたい。


 なによりもガッカリだったのは、その人達が立ち上げた会そのものがお金稼ぎの場になっていて、みんな、どうやってその会でお金を稼ぐかって事だけを考えてるみたいだった。


 私も全員と話したわけじゃないから、そうじゃない人もいるのかもしれないけど、私はもう疲れちゃって、辛くなって、諦めちゃった。


 私みたいな、なんの才能もないちっぽけな人間は、人の為なんて事を考えちゃダメなんだなって思ったよ。


 よく歌に出てくる、世の中の歯車の一員として、ただ世の中を回している一部分としてしか、生きる道は残されていないんだなって、思ったよ。


 歌が歌えたり、絵が掛けたり、そういう才能のある人は、好きな事をやって好き放題に生きられるのかもしれないけれど、私みたいに何もない人は無理なんだなって思ったよ。


 人生の途中で、何か得意なモノをみつけて、それを磨けばよかったのかって思ったけど、今となっては、もう手遅れだしね。


 自分が思う正解を守り続けたまま生きていける人なんて、ほんとうに恵まれた一部の人だけなんだなって、思ったよ。


 それで、多分私みたいな普通の人は、不正解だって思った事も、やり続けていれば、その不正解にも慣れて、諦めながら生きていけるんだろうけど、私には、その器用さすら無かったの。


 私にしか出来ない事もないくせに、みんなが出来る事すら出来ない欠陥品なの、私は。


 私はもう、生きてけないよ。


 それでも私は、その時は、まだ死のうとは思ってなかったよ。


 生きていけないな、生きる理由が見つからないな、とは思ってたけど、死のうとはまだ考えてなかった。


 それでね、先週分かったことなんだけどね、実は私、ガンだったの。


 ついてないよね笑


 どうせ私は、近々ガンで死ぬんだって。


 神様は信じていないけど、神様はいじわるなんだなーって思ったよ笑


 それでね、どうせ病気で死んじゃうなら、最後ぐらいは、自分の力で、死ぬことぐらいは、自分の力でやってやろう!と思ったの。


 パパもママも、私がこの話を目の前でしちゃうと、私を止めちゃうでしょ?


 そしたら私は悲しくなって、辛くなって、泣いちゃうと思うの。


 でもね、それでも、きっと生きる理由は見つからないと思うし、病気になっちゃったから、どうせ近いうちに死んじゃうの。


 それなら、私が笑ってる顔を最後に見てほしくって、一昨日は会いに行ったんだよー!


 私は本当に、パパとママが好きだし、私にはパパとママしか、いません。


 なんでかな、死ぬって言ってるのに、やっぱり涙が止まらないよ。


 でもね、もう決めたことだから、やり遂げるね。


 今まで色んな事に頑張って耐えてきたのに、病気に殺されちゃうぐらいなら、終わりぐらいは自分で決めてやるんだ!


 もう、伝えたいことを考えると止まらなくなっちゃうから、最後にするね!


 手紙も書き慣れてなくて読みづらいだろうしね。


 パパ、ママ、大好きだよ。


 私はパパの事もママの事も本当に愛しているし、パパとママに愛してもらった愛は本物だって疑わずにずっと信じ続けていたよ。


 パパとママは絶対に悪い人にならないでね。


 私はずっと、見てるからね!


 じゃあね。ごめんね。


 天国に行けた、私より。

ーーーーーーーーーーーーーーー


いずくまです。


いかがでしたでしょうか。


色々思う事があったのではないかと思います。


同情した人、励ましたい人、バカだと伝えたい人、悲しくなった人、人間について考えてみたくなった人・・・


もちろん、あたくし、いずくまもその一人です。


世の中とは不条理で、中々うまくいかないものです。


幸せを感じる事があったと思えば、その幸せが次の苦痛を増幅させるバケモノであったり。


苦痛を感じる事があったと思えば、その苦痛が次の小さな幸せを増幅させる天使の様な存在であったり。


そして、また、あたくしたちは、生と死から、逃れる事はできません。


一時的に考えない様に生きる事はできても、その一時的な瞬間すらも、寿命の一部分なのです。


では、あたくしたちは、どの様に生きるべきなのでしょうか。


あたくしたちは、死んではならないのでしょうか。


あたくしたちは、なぜ、生きる必要があるのでしょうか。


あたくしたちは、自分の事だけを考え続けていれば、それで良いのでしょうか。


あたくしたちは、不正解を受け入れ世界を循環させる為だけに、存在しているのでしょうか。


あたくし、いずくまには、思考力の乏しさゆえ、その答えを出すことはできません。


ぜひ、あなたの声を、お聞かせ下さい。


そして、あなたの声を、あなたの身の回りにいる人たちに、聞かせてあげて下さい。


あたくし、いずくまは、誰一人として逃すことなく、その声を、心に焼き付けようと考えております。


みなさま、どうか、あたくしの為、あなたの為、世の中の為、そして、『私』のために、手を貸して下さい。


 『私』の声が、どうか、世界の為の何かになる事を願って。


いずくま


 ※友だち申請、コメント、シェア、大歓迎です!


 人前でコメントするのが苦手でしたら、友だち申請後、私に直接メールを下さい。


 あなたの声を、聞かせて下さい。


 よろしくお願いします。




著者のいず くまさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。