何をやっても中途半端の意識高い系が社長になった。第七回【最終話】

1 / 2 ページ

前編: 何をやっても中途半端の意識高い系が社長になった。第六回

社長の器


社長になり、社員の幸せを願い

福利厚生を良くしたい

給料を上げてあげたい

休みを多くしてあげたい

社員旅行連れて行ってあげたい

ボーナスをだしたい


想うだけなら自由だ。


想うだけならタダだ。


ではどうやって?

誰が?

いつ?


意識高い系の知識でいうなれば

PDCAサイクルを5W2Hに落とし込んで回していく

ということだ。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

学生の頃、夏休みの計画を立てただけで、それだけで満足しても

毎日の継続がなければ

行動がなければ

8月31日が地獄になるだけだ。


想うだけで

願うだけなら

ファンタジー

夢見る夢子ちゃん

『願望の世界』の話だ


行動こそ真実


社長になった事で、私はどこか変な達成感があったのかもしれない。

現場の問題

集客、スタッフ技術向上

社員とのコミュニケーションのずれによる苦悩

モチベーションアップ、モラル育成

そして、資金繰り


問題を解決する事に終始しながらも、行動の継続性がない

場当たり的で、本で読んだ知識をすぐに実践し

失敗して、フラフラする毎日。

社員の気持ちが離れていく。


日々の生活に明るい未来を自分自身がもてなくなった。

社員に幸せになってもらいたいのに

『俺はこんなにやってるんだ!なんでわかってくれない』

そういったエゴで会社を経営していた。


お店を守る

家族を守る

社員の生活を守る


そんなことばかり考え

社長として、お客様よりも

売上を作り出す社員が最優先になり

社員の顔色をうかがう社長になっていた。