幸せな結婚などあり得ないと思っていたさとうなおみの思想とストーリー〔はじまり〕人とうまく繋がれない

1 / 2 ページ

次話: 幸せのレシピ

わたし、現在 32才。


ここに至るまで、苗字が10 回以上変わったような気がする。


姓名判断とかでさ


名前で人生が決まるとしたら

わたしはどうなんだろう、っていつも考えてきた。


現在は”さとう なおみ”として生きている。


結構、今までの中でこの名前が一番気に入っているww



昔、柔道をしていたころに”五十嵐”とゆう苗字を知り、わぁ〜♡いつかあの苗字にもなってみたいな!!と思ったくらい、苗字って簡単に変化するものだと普通に思っていた。




そう、


わたし、現在 さとうなおみ


32才。何処にでもいるような一般人である。




これまでの自分の物語を、


どこからどう書いていいのかわからない。


皆、1人1人に、人生のドラマがあり、ストーリーがある。


わたしは田舎に生まれ、住んでいるけど、


都会に一歩踏み出せば

たくさんの人が居て

たくさんの言語が飛び交う


それを眺めるといつも


自分はとてもちっぽけな思想やちっぽけなストーリーを歩んできたのだろうと思い知らされる。


人と比べる習性にあるわたしは


”自分なんて”と臆病になり


身を引き始める。


ただ、わたしのストーリーは


わたしだけの宝物であり


今のわたしの見解や物の見方を創っているのは


歩んできたストーリーから創られているとも感じる。


もっと、堂々と自分を語り継ぎたいと


もう1人の自分は、真に願っているのだ。






そんなわたしが今、一番感じていることは


諦めなければ、必ず

人生の豊かは拡大していけるのではないか


とゆうこと。



わたしがゆう”豊かさ”と皆の”豊かさ”はきっと違うんだけれど、


わたしには、”愛される”ことがこんなにも幸せなのかとゆう、豊かさだった。


本当、文字にするって難しいね。笑


たくさん、表現は欠けるけど、たくさんの人に読んで貰いたいと思う。



わたし、さとうなおみ

これまでに一番、失敗してきたのは

”人と繋がること”だった。


一番分かりやすいのが、結婚を二回失敗し

要するに、二回離婚した失敗。笑


だけど、よくよく考えてみたら

結婚が失敗だったわけではなく


人と繋がることに失敗してきたんだといつも思う。


男性だけではない、

たくさんの人間関係が上手く上手に出来なくて

すぐ人に飽きちゃうし

すぐ人を疑うし

すぐ人を観察するし

、、、、

もー数えあげればキリがないくらい

人が嫌いだった。


人が嫌いだった。




違うんだよね。


人が大好きなの。


人をすぐ信じるし

人をすぐ助けるし

人をすぐ笑わせるし

、、、、、、


数えあげればキリがないくらい笑


わたしの中のわたしは

いつもこのギャップに苦しんだ。

著者のさとう なおみさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。