「お控えなすってぇ!」閉寮目前の寮で、30人が必死こいて青春した話。(その壱)

後編: 「お控えなすってぇ!」閉寮目前の寮で、30人が必死こいて青春した話。(その弐)

突然ですが、もし今あなたが住んでいる家が家族もろとも、なくなる事がわかっていたら、毎日どんな気持ちで過ごしますか。


これはある大学で、実際にあった、たった30人がたった1つの建物をめぐって一喜一憂した、ちっぽけなお話です。


1958年から2015年。

第二男子寮と呼ばれる、この寮が建設された年は1958年。この寮が閉寮したのは、2015年7月1日。つまり、この寮は、約60年間、同じ場所に、同じ間取りで、およそ400人の大学生に寝床を共有し続けたことになる。ボロすぎるのは明らかなこの寮の最後の年、何があったのか、歴史を綴ります。

続きのストーリーはこちら!

「お控えなすってぇ!」閉寮目前の寮で、30人が必死こいて青春した話。(その弐)

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。