流産、胞状奇胎、そして再び妊娠す #1

次話: 流産、胞状奇胎、そして再び妊娠す #2

1年前の春。

結婚してすぐに妊娠しました。こんなに早く妊娠出来るなんて思ってもみなかったので嬉しかったです。

妊娠初期は流産する可能性も高い…そんな知識も持っていなかった私は、ただ普通に生まれてきてくれるような感覚がありました。

それまで妊娠したこともなかったのに、何となくの体の変化で妊娠した!と確信した私は何時も飲んでた蕁麻疹の薬をやめると同時に酷い蕁麻疹に苦しめられましたが、尿検査でも陽性が出たので兎にも角にも我慢です。悪阻の胸焼けや胃のムカムカも酷く、なかなかご飯も儘ならない日が続いておりました。

所がある日を境に体の不調が軽くなります。悪阻が終わったのかな?と思いました。それから数日後に健診で産婦人科にいくと、心拍がなくなってました。妊娠9週目の時です。驚きました。私は、「どうしよう?!…何か私にできる事はありませんか?!」と言うと先生は「妊娠初期にこういう事は多いんです。この場合、赤ちゃんの方の染色体に問題があるから、できる事はないんですよ…」と仰ったのでした。

続きのストーリーはこちら!

流産、胞状奇胎、そして再び妊娠す #2

著者のすずき ひっぺさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。