14歳でイギリスに単身留学したら色々あったよ☆というお話 第2話

1 / 2 ページ

前編: 14歳でイギリスに単身留学したら色々あったよ☆というお話
後編: 14歳でイギリスに単身留学したら色々あったよ☆というお話 第3話

なんだここは・・・・・・

ついた所はイギリスのSufforkという州の中にあるBury St Edmundsという小さな街の郊外。

地図で見ると割とCambridgeと近いし、そこそこ栄えてるんじゃないの?と思われるかと思いますが、

確かに街の中心はそこそこ栄えていましたが、ホームステイ先のお家は中心より車で数十分。

少し都心から離れただけで頭の中でカントリーロードが流れるような

まー図鑑にでてくるくらいの田舎でした。


出発前に多分説明を受けてたと思うんですが、

ここは留学の最初のステップの語学学校で、ここでの滞在は半年間だとの事。

東京生まれ、東京&寮育ちの自分としてはそれはもう衝撃的な景色を目の前にして

ここで半年も過ごすんか。。。。。

と、留学初日にしてガクブルでした。



とまあ、運ちゃんにホームステイのお家まで連れて行ってもらい、運ちゃんとはそこでSAYONARA。

ホームステイのジェイコブ夫妻はお父さんは医者で、お母さんは料理の先生。子供は2人で両方とも小学生くらいだったかな?な男の子達でした。

ホームステイ先のお父さんお母さんともにとても優しく、これからよろしくって感じだったのですが
。。。。。。







正直どんな言葉も入ってこない

くらい、パニックですよ!パニック!

遂にきてしまったというのもあるし、本当に言葉は伝わらないし、

他人のお家だし、基本家の中にも外にもなにもないし!

(隣のお家まで余裕で3Kmくらい離れている田舎です☆)


1話目にも書いた、中学で全寮制の学校に入った時の後悔の何十倍もの

後悔。えらいことしてしまった感が脳内でグルングルンしてました。





今となって本当にわかる事なのですが、

留学は、人によって向き不向きがあります。

新しい土地の新しい環境で生活を始めるのだから、

基本的に見るもの聞くもの食べるもの全てが新しいし、

それを柔軟に受け入れて、(新体験て楽しい!)と変換出来る人が

個人的には留学に向いていると思っていて、いわゆる世間一般の留学生のイメージ像も

これだと思います。


みんなの読んで良かった!