地震で壊れた祖父のお墓をなおす旅に、幽霊?の女の子と一緒にいった話。②

前話: 地震で壊れた祖父のお墓をなおす旅に、幽霊?の女の子と一緒にいった話。①
次話: 地震で壊れた祖父のお墓をなおす旅に、幽霊?の女の子と一緒にいった話。③

 成田山で災難消除のご祈祷をしていただいた夜。


私に祖父の墓を探し出すのは無理です。手がかりがなさ過ぎて無理です。

怖いのも苦手なんです。

あとは不動明王様、じいちゃんと私を救って下さい。

おねがいします!お任せします!

これで、安心して眠れる。



眠っていると・・・。


ぐはっ!

苦しい、痛い


左胸、心臓がわし掴みされた。

ヤバイ、死ぬ。


苦しい苦しい苦しい・・・。


私は、胸に手を当ててうめいたり、体をよじらせたり、

布団をばしばし叩いていた。


どうして、どうして、

苦しい・・・。


急に、物凄い悲しい感情がわきあがってきた。


いつの間にか、苦しくて叩いていた布団を、

悲しくて叩いていた。


どうして、どうして、わかってくれない。

悲しみが強くなってゆく、


どうして、どうして、わかってくれない。

涙が出てきて、伝わらないもどかしさと悲しみが

全身に巡り、

ああ、これは私じゃなくて、

祖父の心、声なんだとわかった。


泣きながら目を覚ました私は、

決心した。


荒唐無稽だけど、やってみよう。

会ったことのない祖父の声

苦しみ

悲しみ

感情も体の感覚も、残っている。

お墓が壊れるってことは、こんなに苦しいことなのか。

不動明王様が見せてくれたんだ。



地震で壊れたお墓を直せばいいんだね?

おじいちゃん。

やってみるよ。


続く。


※ここまで読んで下さり、ありがとうございます。とてもうれしいです。


続きのストーリーはこちら!

地震で壊れた祖父のお墓をなおす旅に、幽霊?の女の子と一緒にいった話。③

著者のKei Senさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。