地震で壊れた祖父のお墓をなおす旅に、幽霊?の女の子と一緒にいった話。③

前話: 地震で壊れた祖父のお墓をなおす旅に、幽霊?の女の子と一緒にいった話。②
次話: 地震で壊れた祖父のお墓をなおす旅に、幽霊?の女の子と一緒にいった話。④

 祖父のお墓が何処にあるのか?

どうやって調べる? 聞ける家族も親戚も、いない。


本籍地を手がかりにしてみよう。 

謄本を取ってみよう。


父親の謄本を取り寄せ、本籍地と祖父の名前を初めて知った。

祖父の名前はシゲオ 

父の本籍地(祖父の家だろう)

北海道上磯郡   


郡?ぐん?ぐんで終わり?


北海道上磯郡のみで、町名がない。

範囲が広いなぁ。

これだけで調べるのか・・・。


函館空港から左側に海岸の道は、

函館湾をなぞってゆく道路

大野国道~松前国道だな。


函館湾沿いのお寺に、

おじいちゃんのお墓がないか
全部電話してみよう。

シゲオじいちゃんの墓ありますか?
お寺の人
うちじゃないですね。

グーグルマップとウェブ上に載っているお寺の連絡先を

照らし合わせながら、

上磯郡のお寺全部に電話して、

見つからなかった。


もう、名前の読めないくらい古くなったお墓があるとか、

手入れしてないから誰のものかわからなくなったお墓もあるとか、

私みたいにご先祖様に呼ばれて、

供養がしたくて、

お墓を探している人が年に何人かいるとか、


そんな話も聞かせてもらった。


どうしよう。いき詰まった。

ええい!航空券とって、直接行ってしまおう。

成田発函館行き航空券とレンタカーの手配をした。


行動に移すと、

左胸の苦しさが和らぐ気がした。


謄本とネットを使い、

できることはした。


わからないものはわからない。


現地に着いたら、とりあえず

函館湾沿いの道を

上磯郡に向けて走ろう。


明日は函館へ飛ぶぞ!走るぞ!


あれ?そういえば、

お墓参りって、何もって行けばいいんだっけ?


そんなことを考えていた会社の昼休み

頭の後ろから

「お人形!」

女の子の声が聞こえた。


はっきりと、「お人形!」と聞こえた。



ちょっとまて、

ここは3Fで、

私の後ろは壁で窓で、

その下は駐車場で、

今は昼休みで、

オフィスには、私一人しかいない訳だが。


後ろに、女の子の幽霊がいる・・・。

なんか、声がかわいい。

びっくりしたけど、怖い感じはしなかった。

お墓参りに、お人形持ってきてほしいのか。

私が探しているのは、

シゲオじいちゃんの墓なんだけどな・・・。


笑いがこみ上げてきた。

これは、現地にいけば見つかる。

確信した。


続く。

※ここまで読んで下さり、ありがとうございます。とてもうれしいです。


続きのストーリーはこちら!

地震で壊れた祖父のお墓をなおす旅に、幽霊?の女の子と一緒にいった話。④

著者のKei Senさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。