空白の学習(1)

1 / 3 ページ

後編: 空白の学習(2)
正直な話、私の家は貧乏な家庭でした。
幼少時代、親は両親とも朝新聞配達に出ていて、
ふと目が覚めると私はいつもひとりぼっちでした。
寂しさのあまり、家を飛び出し道路で親の背中を追ったこともあります。
その時は家主さんが保護してくれたおかげで今も生きています。
あまりに心細かったのか、
大声で泣き続けヘルニア(脱腸)になったこともあります。
私は一人でいることに慣れながらも、
誰かにそばにいて欲しかったし、自分のことを見てほしかったです。
***
小学校に入ると、私は親に目を向けてもらうため、
勉強に集中するようになりました。
ついには学年で2,3番あたりをうろうろするようになりましたが
なかなか親に褒めてはもらえませんでした。
1つ上の兄の方が優秀で、学年で1番を取り、スポーツもできたからです。
私は家族の中でも常に2番でした。
***
小学校6年生になり、親の都合で米国ニューヨークに渡ると多くの仲間ができました。
めまぐるしく新たな駐在員の子どもが来ては、帰っていく環境で
子どもたちは新しい仲間を受け入れ、
帰国したらもう会えないかもしれない仲間との時間を精一杯楽しみました。
両親は子どもが短い間にもっとたくさんの子どもたちと友達になれるようにと
毎月のようにクラスの友だちをすべて集めたパーティーを開催してくれました。
日本にいる間はいじめられっこの称号を欲しいままにしていた私も(笑)
ニューヨークにいる間は仲間に受け入れてもらえ、発言力も持つことができました。
そんなあるとき、ふとクラスにいた花田くんというおとなしい友だちが
とても面白い思考とユーモアの持ち主だと気づきました。
花田くんは素晴らしい魅力にあふれた人間でしたが、
引っ込み思案なところがあり、クラスのみんなからはその魅力を
あまり認識されてはいませんでした。
私は、こんな素晴らしいtalent(才能)をみんなが楽しめないのは
もったいないと考え、花田くんにエリザベスというあだ名をつけ

みんなの読んで良かった!