このページは1ページ目です
1ページ目から読む

8 min read

靴磨き職人から年商9桁まで這い上がった物語

Picture?width=400&height=400
著者:
ほー りぃ
1 / 8ページ

ホームレスを覚悟した、24歳の冬

今でも忘れはしない、2013年真冬の2月3日、午前8時

大阪梅田の一等地の阪急百貨店前の歩道橋で人生をかけた勝負が始まる。

これができなければホームレス、そう覚悟をして家を出る。



今まで24年間で積み上げてきた、

簿記やFP、宅建などの資格や

学生時代にも起業したり、

学生団体を作って5000人集めたりで活動した実績

今持っているプライドをすべて捨て

本当の0から自分でビジネスを作り上げる覚悟を持って。



「それくらいしないと自分は変われない」



誰か知り合いに会ったりしないかな?

何か誰かに注意されたりしないかな?

警察に摘発されたりしないかな?




そんな不安と後ろめたさで、家で動けなくなっていたが、

「もうやるしかない」そんな覚悟を決めて家を出たことを覚えている。








2年前は新入社員として入社した普通の社会人



僕は大学卒業と同時に、とある中小企業に就職をしている。

就活は訳あって、4年生の12月から開始をした。



「ただ単に働いて生活をするだけの人生を送るのは嫌だ!!」

そう思って、会社員になることをひどく嫌っていた。