靴磨き職人から年商9桁まで這い上がった物語

5 / 8 ページ



僕はもともと、

「カッコよくお金を稼ごう」としていた。

・カフェでパソコン片手に仕事をして、月に数百万の収入。

・たくさんの人に慕われて楽しく過ごせて、会社員以上の収入。



そういう状態を目指して、大学3年生から自分でビジネスをやってきた。

それでも上手くいかないのには、何か理由があるとは分かっていた。



そしてある言葉と出会う。


「お金を稼ぐことはカッコイイことばかりじゃない」


今でも忘れはしない。この言葉があるから今の自分がある。



「よし!誰もやっていない、誰もやらないことをやろう!」

輸入ビジネスは少しづつ伸びていっていたので、

それは続けながら、「靴磨き」もしようと覚悟を決めた。



やるからには、会社員の収入を得られるくらいの計画を立て、

キャラ設定もしたし、ビラも自分で作ったし、予約のできる仕組みも作って、

月に30万の収入をイメージして、本気で取り組んだ。



それまで、全く靴磨きに関して知識がなかったので、

本も買ったし、ネットでも勉強したし、道具も買って何度も練習した。

無我夢中だった。

「できなかったらどうしよう?」なんて考える暇がなかった。

「やるしかない。できなければホームレス」なぜかそう思えていた。


そして、2013年2月3日当日を迎える。




待っていたのは素晴らしい出会いの数々



当日僕は何度も諦めかけた。

みんなの読んで良かった!