恋愛ヘタクソの32歳独身女子が、結婚相談所で夫を見つけたあと、婚活カウンセラーになるまで

1 / 7 ページ


32歳、独身女子、ピンチ


出会いを求める下心を抱きながら、

朝活や異業種交流会に参加する日々。


しかし、自分が期待していた出会いはない。


ある日、自分で自分につっこみました。


結婚したいのに、異業種と交流している場合じゃないだろ。。。


ふと、異業種交流会でもらった1枚の名刺を思い出しました。

名刺には聞いたことのない結婚相談所の名前が。



「ブライダルチューリップ」


のちに私が成婚退会を果たし、

カウンセラーとして働くことになる結婚相談所です。


□ □ □


みなさん、はじめまして。


市川由香です。



2012年5月


私は「結婚相談所に入会しよう!」


と決めました。



子供が欲しかった32歳の私に時間の猶予があまりあるとは思えず、

スピード結婚ができそうな結婚相談所は、とても魅力的でした。



20代のころから結婚願望はずっとあったものの、今思えば真剣には考えておらず…


というか、恋愛関係を育むのがヘタクソで、

結婚したくてもしようが無かったのですよね。





私が最後にお付き合いしていた人がいたのは、そんな20代の頃。


彼と出会ったときには


( なんだか居心地が良いな~ こういう人と結婚したらいいのかも♪ )


な~んて思っていたのに、付き合ってみたら、わずか半年で破局。

結婚に指一本とふれることはありませんでした。




これでも10代・20代のころは、人並みに恋愛してたんです!

まあ、片思いが多く、お付き合いすることは少なかったのですけど.........。




交際しても、半年以上続きませんでしたけど.........。




リサーチ不足で、既婚者に何年も思いをよせたりしましたけど.........。




振られてもなかなか諦められずに、くすぶったりしましたけど.........。



.........。



芝居、歌、ダンスを楽しんでいた当時の私には、

自身の芸術表現向上が優先順位の第1位で、恋愛はその次。


あのときの私には、自分の恋愛ヘタクソさに気がつくほどの、脳内の空容量がありませんでした。


おかげで、30歳をこえても恋愛をこじらせ続け、最終的には一発逆転を狙って、結婚相談所に登録することになります。



そんな私の恋愛ヘタクソ原因について、思い当たるものをさっくりご紹介します。



• 男心が分かっていない。

• 男性に対して上から目線

• 自分の気持ちしか考えていない。

• 自分の気持ちを相手になすり付けたい。

• 粘着質



5つなんて少ないでしょうか??


いえいえ、男女のコミュニケーションにおいて、

これだけ根幹をゆるがすような理由があれば、もう十分でしょう…


この5つがあれば男性とうまく関係を築けなくて当然なのです…。(泣)



20代、あの日の私、告白してよと脅迫しちゃった



ちなみに、最後にお付き合いをしたさっきの彼との出会いは、合コンでした。


合コンの後日、改めて2人でご飯を食べた時にとても話が弾み、


帰り際、彼も居心地が良かった、と言ってくれたので、


20代の私
これ、あるな。


と思い始めたわけです。


それから月に数回程度、ご飯を食べに行くようになりました。


1ヶ月が過ぎ、2ヶ月が過ぎ、3ヶ月が過ぎ、

著者のBRIDAL TULIPさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。