んで食堂で働いた。

入所してすぐに

食堂を手伝って欲しいと言われた。

すぐにでもそこから出たいし何でもやろうとすぐにOKしたのだがこれが結構大変。

食事を作るのは別に良いのだがコメを炊かなくちゃいかん。朝一の食事の人は色々事情があり食事に時間がかかったりするので3時には炊飯器のスイッチを入れなくちゃいかんのだ。ってな感じで毎日3時起き。もう一人厨房の人が前からいるんだがダメダメ人間で日々ダメダメ。ってな訳で施設長に私がほぼ任されてしまった。

まぁそれは早く出所するには良い材料なんだがほかに外でも仕事をしないと出れない事が判明していく。

それと施設と行政の癒着の内情がどんどんわかり怒りに変わる。

著者のoira Taroさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。